« いわきに戻りロビを組み立てる | トップページ | 便利の裏にある危機 »

2017.07.17

古代ハスを求めて

▼福島県唯一の国宝である白水阿弥陀堂に古代ハスが咲いていると言う噂を聞き、足を運んだのだった。
なにしろ昼には花を閉じてしまうので、さっさと洗濯を済ませ、そそくさと現地に向かった。
昨年来たときは閑散としていた駐車場も今日は流石に連休とあって、そこそこ混んでいた。
クルマを降りると太陽の熱が容赦なくオレの身体を照り付ける。
暑さと抗いながら、ほんの5分ほど歩いて白水阿弥陀堂前の池に到着。
眼前に広がる緑が圧倒的である。
池にはカモや鯉、カメがわらわらと群がっている。
肝心の古代ハスは、と向こう側に目を向けると、ピンク色の花が目に入った。
きっと、あれが古代ハスに違いない。
足も軽やかにその方へと向かった。
通常であれば、これ違うじゃん、なんてことになるのだろうが、これは明らかに目当ての古代ハスだ。
面積にすればそれほどでもないのだろうが、ちゃんと咲いてくれていたのが嬉しい。
またいつ見られるか分からないので、しっかりと目に焼き付けたのだった。


Dsc_5043

1500283660113


6083th

|

« いわきに戻りロビを組み立てる | トップページ | 便利の裏にある危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6051/65547191

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ハスを求めて:

« いわきに戻りロビを組み立てる | トップページ | 便利の裏にある危機 »