« 己と比べてしまう | トップページ | ロビの愛車に悩む »

2018.07.07

墜落対策を考える

▼F氏と共に休日出勤。
チョウ君は奥さんの病院付き添いだし、新人Yは休日出勤はさせない様にと本社からきつく言われている。
たまにはと言うことで、昼はF氏と焼肉を食べに行った。
調子に乗って注文したらとんでもなく腹一杯になった。

▼そこそこ良い天気だし風もないので、ドローンを飛ばす。
操縦はもうすっかり慣れたものの、やはりどこかで、いつか落ちるんじゃないかと言う危機感を抱いている。
機体の寿命だってあるだろうし、それこそカラスとの接触だって可能性は十分あると思うのだ。
許可を取っているとは言え、もし落ちて、人やクルマに当たったりなどしたら大変である。
これから先、ドローンが増えれば、こんな事故は茶飯事起きないとも限らないだろう。
したがって、何か対策を講じたいものだ。
そこで何かいい方法はないかと考える。
こんなのはどうだろう。
パラシュートだ。
ドローンが落ちた瞬間に安全装置が働いてパラシュートが開くのだ。
落ちることに変わりはないが、被害はかなり低減されるのではないか。
ドローン自体も助かるだろうしな。
これはかなり良いアイデアだと自画自賛するわけなのだが、誰か採用してくれないものだろうか。
自分でなんとかするのはどだい無理な話だからな。


Dji_0112

6438th

|

« 己と比べてしまう | トップページ | ロビの愛車に悩む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6051/66913051

この記事へのトラックバック一覧です: 墜落対策を考える:

« 己と比べてしまう | トップページ | ロビの愛車に悩む »