« 一堂に会する | トップページ | 威力に驚く »

2018.12.16

見えるを待つ

▼昨日の今日だったので、起きたら11時だった。
慌てて出掛ける。
回転寿司に行ったら混んでいたのであっさり諦め、イトーヨーカドーの中にある、はまなるうどんで昼食を済ませる。
ここで買い出し、薬局で日用品調達。
15時には帰宅し、競馬はしっかりハズレ。
来週は、いよいよ有馬記念だ。
これさえ勝てば負け続けた今年の競馬も大満足なことこの上ない。
そう自分に言い聞かせる。

▼札幌の妹からのLINEを受け、実家に電話した。
親父が白内障の手術をしたと言うのだ。
親父が出た。
いつもと変わらず元気である。
「白内障の手術したんだって?」と言ったら、内緒にしてたのにな、と笑っていた。
手術は両目ともしたらしく、両方が終わったのはほんの数日前だったらしい。
そもそもどうしてそう言うことになったかと言えば、きっかけは免許の更新のための検査だったと言う。
認知症試験と実施試験はなんら問題なく合格。
さすがである。
しかし、最後の視力検査がパスしない。
どうしても、両目で0.7が見えないのだ。
眼科に行く様、勧められた親父の検査結果は白内障だと言うことで、2ヶ月待って手術と相成ったのだった。
今は日常生活に支障がないくらいに見えているが、まだ視力検査が合格するまでには至っていない。
免許証更新の期日が1月15日、すなわち2月15日までに視力検査が合格しなければ、免許証返上と言うことになる。
それまでに何とか回復すると良いのだが。
幾たびもの困難を切り抜けてきた親父だ。
きっと大丈夫だろう。
オレはそう信じる。


6600th

|

« 一堂に会する | トップページ | 威力に驚く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えるを待つ:

« 一堂に会する | トップページ | 威力に驚く »