« 珍しく電話が来た | トップページ | 一堂に会する »

2018.12.14

片方ないことに気付く

▼目がしょぼしょぼの状態で出社して来たF氏。
昨日は4時まで飲んでいたと言う。
それなのに、良くぞ遅刻せずに来たものだと感心する。
しかしながら、ちょっとした失敗をしてしまったと苦い顔。
説明しよう。
帰りのタクシーから降りると片方の靴が脱げていたと言う。
F氏が運転手に「オレの靴知らない?」と聞いたらこう言われたのである。
「最初から履いてなかったですよ」
と言うことはつまり、靴が片方ない状態でうろうろと歩いていたと言うことになる。
スマホやメガネを忘れることは日常茶飯事だが、ついにここまで来たかと呆れ笑い飛ばしたのだった。
今日も忘年会らしいが、どうせ無くすなら今回と反対側の靴を無くしたらいいと思う。
とは言え、左右違う靴を履くのもちょっとどうかと思うけどな。


6598th

|

« 珍しく電話が来た | トップページ | 一堂に会する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片方ないことに気付く:

« 珍しく電話が来た | トップページ | 一堂に会する »