« 出ないはずなのに出て来た | トップページ | 診断に挑む »

2019.01.17

親父のクルマ

▼昨年末、白内障の手術を受けた親父から電話。
視力が回復し検査が通れば、免許の更新がOKとのことだったのだが、その検査が合格したとのこと。
しかも、これまではメガネ使用条件だったのだが、メガネなしとなったらしい。
なにしろ、親父から電話してくるとはよほど嬉しかったに違いない。
これで安心して再び運転ができると言うものだが、もうひとつ問題がある。
今乗っているクルマはボロボロ状態で、車検は通らないと言うのだ。
なにしろ、下回りの腐食がひどく修理は不可能らしい。
車検は7月である。
すなわち、このクルマに乗れるのはここまで。
ディーラーから、しきりに軽の中古を勧められたらしいが、ネックなのは親父はオートマを運転したことがないと言うことだ。
今から慣れないオートマになんか乗ったら、それこそアクセルとブレーキの踏み間違えと言う大惨事を招くかも知れない。
だったら、マニュアルのクルマを捜すしかないだろう。
果たしていま、マニュアルの軽なんかあるのだろうか。
ちょっと調べて見た。
すると出て来たクルマはこう言うものだった。
「ホンダS660」「ダイハツ コパン」
全部2シーターのスポーツカーじゃないか。
しかも、高いよ高い。
下手な普通車よりも高いのである。
思わず、こんなクルマを運転する親父を想像して笑ってしまったよ。
しかし、オレは見逃さなかった。
北海道に最適な軽自動車を。
「スズキ ジムニー」
4WDだし、マニュアルもしっかりある。
昔からあるクルマなので、中古車も程度の良いのがけっこうある様だ。
そんなわけで、親父にこのクルマを勧めておいた。
いまいちピンときてない様だったけど。

Dsc_4821


6632th

|

« 出ないはずなのに出て来た | トップページ | 診断に挑む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6051/67601333

この記事へのトラックバック一覧です: 親父のクルマ:

« 出ないはずなのに出て来た | トップページ | 診断に挑む »