« 外に出ると雪 | トップページ | 手羽先が食べたい »

2019.01.13

競馬発祥の地を見る

▼横浜港までクルマを走らせた。
まず行った先は、横浜港シンボルタワー。
本牧埠頭の端っこにあって、ここから横浜ベイブリッジや、行き来する船を思う存分見物することができるのである。
ドッグランなんかもあり、この付近に住む人々の憩いの場にもなっているようだ。
シンボルタワーの階段140段を登り、展望室へ。
いたのはカップルが二組だけ。
椅子と望遠鏡があるだけの質素な空間だが、ここから眺める横浜港は絶景だった。

Dsc_6906

Dsc_6918


▼ここから30分ほど走って、根岸にある馬の博物館へ行った。
かねてから行ってみたかった所である。
ここが、日本西洋式競馬場発祥の地なのである。
入ってシンザン先生の像の出迎えを受ける。
「神賛」と言う文字がなんとも神々しい。
元、競馬場だったところは現在、根岸森林公園と言う広大な公園になっている。
ここに、今から100年ほど前の一等馬見所と言う建物が残っている。
もの凄く大きく立派な建物だが、中を見ることはできず、もはや放置状態の様だ。
是非とも整備して見学できる様にして欲しいものだ。
この裏に米軍の施設がある様なので、簡単にはいかないのかも知れない。
ともあれ、その頃の賑わいを想像しながら、ぼーっと眺めているオレなのだった。

Dsc_6924

Dsc_6932

6628th

|

« 外に出ると雪 | トップページ | 手羽先が食べたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競馬発祥の地を見る:

« 外に出ると雪 | トップページ | 手羽先が食べたい »