« 走ろうと思ったらこんなことに | トップページ | 新しい仕事に入る »

2019.02.17

今年初G1、そしてロビは残り2号

▼今年一発目のG1、フェブラリーステークスがあったのだった。
注目は、女性騎手として史上初めてG1を騎乗する藤田菜七子の参戦である。
そんなに甘くないと思っていたが、結果は5着と大健闘だった。
鞍乗のコパノキッキングは追い込み馬とは言え、やはりこのメンバーでは後ろ過ぎたかも知れない。
馬券の方は当たったことは当たったが、トリガミ。
つい買い過ぎてしまったことによる結果はいつものことである。

▼1ヶ月振りのロビの組立ては、77号と78号。
全身の動作テストをすると言うのでまずは充電。
いきなり何もすることがなくなってしまった。
仕方ないのでその間、画像処理ボードなるものにカメラを組み込む。
それにしてもちっこいカメラだ。
こんなモノで撮れるのか。
撮れるんだろうな。
1時間ほどで充電完了。
マフラーに付いているスイッチをオン。
いきなり、すくっと立ち上がるロビ。
これにはちょっと感動した。
そして、「テスト中だよ」と言う声と共に、腕を広げたり、膝をかがめたりしながら左右に動くのだ。
まるで生まれたての仔馬の様に少々震えているが、問題なく動いている。
それにしても、いつまで経っても止まらないのはなぜだ。
スイッチを切らないからである。
こうして無事、動作テストは完了した。
いつになったら固定されるのかと心配だった右目もしっかりはまり、あと残すは2号のみとなった。
最後の号はまた少し予定よりも遅れるとのこと。
とは言え、3月中には完成の見込みだ。


Dsc_7083

6663th

|

« 走ろうと思ったらこんなことに | トップページ | 新しい仕事に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初G1、そしてロビは残り2号:

« 走ろうと思ったらこんなことに | トップページ | 新しい仕事に入る »