« かつて住んでいた地を思い出す | トップページ | 新元号を真剣に考える »

2019.02.28

小さいプリンターを買った

▼終日の冷たい雨だった。
降るとは聞いていたが、こんなに降るとは思わなかった。
お陰で花粉の被害はなし。

▼この職場はセキュリティが厳しいため、入場する際に持ち物検査がある。
したがって持ち込むモノは限られるのだが、どうしてもプリンターが必要と感じ、だからと言ってレーザープリンターなど持ち込むのは大変なので、ポータブルプリンターなるモノを買った。
会社の経費だけど。
それにしても、最近のプリンターの性能は凄いな。
こんなに小さいのに、ちゃんと印刷できるんだからな。
当たり前である。
なにしろ、カラー印刷は一丁前に相当綺麗なのだ。
書類さえプリントアウトできればいいと思ったのだが、これなら写真とか色々使えそうだ。
あとは、インクがどれくらいもつかだ。
この手のプリンターはインクが高い。
インクで儲けてるのではないかと思うほどだ。
かと言って、インクを買わないわけにはいかないだろう。
インクのないプリンターはすでにプリンターとは言い難く、だったら何だと問われれば、こう言うしかないのではないか。
「ノンノンプリンター18号」
18号の意味がいまいち分からないが、とどのつまり、ただ、紙をカタカタと送るだけの機械だ。
果たしてこれの何が満足なのか皆目分からない。
だから、インクが必要なのだ。
少しくらい高いとしてもだ。
話が反れました。


Dsc_7092

6674th

|

« かつて住んでいた地を思い出す | トップページ | 新元号を真剣に考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さいプリンターを買った:

« かつて住んでいた地を思い出す | トップページ | 新元号を真剣に考える »