« 2年前の桜を思い出す | トップページ | 夏日だから »

2019.04.21

懐かしのクルマはあいつの愛車

▼朝は8時までたっぷりと寝た。
貴重な日曜だが、睡眠も貴重だ。
愛車ライスシャワー号のボディカーバーをはずし、1週間振りにエンジンを始動させる。
その咆哮を聞けばオレは確信する。
まったくもって絶好調だ。
だからと言って湾岸を流すわけではない。
いつもの様に買い出しに廻ります。
あまりにも暖かいのでエアコンはもちろん冷房である。
昼はイオンモールへ。
ここには、懐かしのクルマが月代わりで展示されているが、今日あったのはこれだ。
「ブルーバードSSS」
色からしてこれはまさに、犬神明の愛車ではないか。
誰だそれ?
平井和正著、ウルフガイシリーズの主人公、狼男の犬神明だ。
そうとう古い小説だけどな。
そんなことを思いつつ、湾岸を流すことなくあっさりと帰路に着いたのだった。

Dsc_7186

 

6726th

|

« 2年前の桜を思い出す | トップページ | 夏日だから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2年前の桜を思い出す | トップページ | 夏日だから »