« そうとう重い重大任務 | トップページ | 更新を済まし宝塚記念である »

2019.06.22

キック世界チャンピオンvs元3階級制覇

▼那須川天心と亀田興毅のボクシングマッチである。
那須川天心は無敗のキックボクシングチャンピオンであるが、なにしろルールはキックなしのボクシングルールだ。
かつて3階級制覇した亀田興毅である。
引退したとは言え、この試合に向け、かなりの練習を積んだようだ。
果たしてこの勝負、いったいどうなることか。
意外と亀田はやるんじゃないかと思った。
と言うか、むしろ那須川天心は亀田興毅をKOするのは無理ではないかと思うのだ。
なにしろボクシングルールだからだ。
注目の1戦は、abema テレビで19時放送開始だが、この時間にチャンネルを合わせても、いつまで経っても始まらないじゃないか。
延々と過去の試合や挑戦者を決めるための大会、そしてエピソードを流し続けているのだ。
ま、そんな気もしたけどな。
結局、試合が始まったのは、23時過ぎだった。
もう、ふざけんな、と言いたい気分だ。
しかし、せっかくここまで待ったのだ。
見なきゃ損だろう。

結局、両者ヘッドギアを付けている。
ちょっとガッカリだ。
勝負は3ラウンドマッチ。
1ラウンドから、両者積極的に打ち合う。
あっと言う間に残りは最終ラウンドと言うところで、亀田がヘッドギアを外したではないか。
それに呼応して天心もヘッドギアを外す。
これは面白くなってきた。
さあ、最終ラウンド。
壮絶なパンチの応酬も次第に亀田の疲れが見え始める。
天心のパンチが的確に亀田の顔面、ボディへと決まり、KOも時間の問題と思われたが、亀田は良く踏ん張り、ゴングと同時に仰向けに倒れて終了。
亀田はよく頑張ったし、天心はやっぱり強かった。
それにしても、4時間待って、試合15分。
お陰で日記の執筆アップもこんな時間になってしまった。

Dsc_7426

 

6788th

 

 


|

« そうとう重い重大任務 | トップページ | 更新を済まし宝塚記念である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうとう重い重大任務 | トップページ | 更新を済まし宝塚記念である »