« 愛車の無事帰還 | トップページ | 祝福されたらこれが大事 »

2019.07.09

大井競馬場で運命の最終レース

▼仕事が終わり、職場の男ども4人で行ったのは、大井競馬場であった。
職場のある有明からは非常に近い。
クルマで20分ほどで着いた。
今日は重賞も何もない日なので、非常に空いていた。
だから今日にしたのである。
馬券は8レースから。
4人とも当たる気満々だ。
しかし、案の定と言うか、やっぱり当たらない。
10レースで若干一名当たったが、行って来いでチャラ。
あっと言う間に最終12レースだ。
はっきり言って、地方競馬は分からない。
こんな時、オレはどうやって馬券を買うかと言うと、こんな手を使っている。
「ライス馬券」
と言われても何のことだが分からないだろう。
愛車ライスシャワー号のナンバープレートの番号を買う、それだけだ。
これで何度かおいしい思いをしたことがあるのだ。
そう言うわけで今日は、8レースから12レースまですべてこのライス馬券を購入。
しかし、11レースまで的中はなし。
そして運命の最終レースだ。
みな、このレースは堅い。まず間違いなく1番人気が逃げ切るだろう、と言う見解であった。
因みに1番人気11番の馬はライス馬券にはない。
そしてスタート。
すると、逃げ馬である1番人気の11番馬がおもっきし出遅れたではないか。
結局、この馬は6着に敗れ、大波乱。
ふとオレの馬券を見ると、馬連どころか3連複まで当たっていたのである。
3頭とも人気薄である。
みな、息を呑んで配当結果を待つ。
するとどうだ。
馬連は 23、000円くらい付いたし、3連複に至っては 96、500円も付いているではないか。
ライス馬券恐るべし。
なんの実力でもないのだけど。
ともあれ、ライスシャワー号は自分の修理代を自分で稼いだ、そう思えて仕方ないのだ。
帰り、撃沈の3人にラーメンをおごって帰った。

Dsc_7466

 

6804th

|

« 愛車の無事帰還 | トップページ | 祝福されたらこれが大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛車の無事帰還 | トップページ | 祝福されたらこれが大事 »