« 荒れる前の静けさ | トップページ | 台風と共に過ごす »

2019.10.11

早めの避難が肝心である

▼Kが心配しているのは、実家のことだ。
実家は千葉県佐倉市にあるらしく、前回の台風で車庫の屋根が飛ばされ現在もそのままの状態だと言う。
家自体はなんとか無事だったらしいが、けっこう古いらしく、今回の台風が直撃したらどうなるか分からないと心配しているのだ。
取りあえず、家にはいない方がいいんじゃないかと言ったら、さっそく、実家に電話して避難する様忠告していた。
そんなわけで、終業のチャイムが鳴ると会社のみんなはすぐに退社。
オレも然りだ。
すでに強い雨が降っている。
帰路を急ぐクルマで渋滞も凄い。
予定よりも台風は早く上陸しそうだ。
愛車ライスシャワー号の避難は日曜の上陸当日の予定だったが、大事を取って今日、持って行くことにした。
帰宅するや否や、近所のスーパーへ向かう。
ここの駐車場に台風が去るまで置いておく予定なのだ。
買い出しの客でごった返しているのが見える。
案の定、駐車場も混んでいたが、運良く停めることに成功。
場所は開放されている側ではなく、閉鎖されている側だ。
小さな開口がふたつあるのが少々気になるが、西側なのでまずここからモノが飛び込んで来ることはまずないだろう。
ひとまずこれで一安心だ。
スーパーの階で降りてみると、食料品、水、パンと、ものの見事にすっからかんだった。
仕方ないのでお茶とカップ麺を買った。
突然、店内放送が鳴る。
なんと明日は台風のため、臨時休業すると言うではないか。
良かったよ、今日、ライスシャワー号を持って来て。
あとは、無事何事もなく台風が過ぎ去ることを念じるのみ。
ウーヤーター!

Dsc_8795

6899th

|

« 荒れる前の静けさ | トップページ | 台風と共に過ごす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒れる前の静けさ | トップページ | 台風と共に過ごす »