« その色はグリーンだった | トップページ | 見るものが沢山 »

2019.11.09

冷静にもう一度見る

▼ドライブを兼ねて相模湖畔にあるイタリアンレストランへ。
小さな店だが、ここのパスタもピザもたいそう旨いのである。
紅葉にはまだ早いが、窓から湖に浮かぶボートを眺めながらのまったりとした時間も良いものだ。
1時間半掛けて来た甲斐があったと満足する。

Dsc_8865

▼今週からターミネーター・ニュー・フェイトが公開された。
当然見ようと思っているが、それは来週だ。
近所の映画館がリニューアルオープンするからな。
それはそうと、今回のターミネーターは、3の続編ではなく、2の続編と言うことらしい。
となれば、復習だ。
もう何度も見ている様な気もするが、面白い映画は何度見ても面白いのだ。
さっそく、奥からDVDを引っ張り出してきたのだった。

▼先日行われた、井上尚弥vsドネアは非常に感動したが、今日、WOWOW でやるもんだから、また見てしまったよ。
良い試合は、何度見ても良い試合なのだ。
井上尚弥がスタジオに来て、自分の試合を解説する。
ああ、なんて贅沢なんだ。
2ラウンドのドネアのパンチで右目がダメになり、それからドネアが2重に見え、距離感がまったく取れなかったこと。
その状況で、右手で右目を隠し左目だけで焦点を合わせていたこと。
左パンチしか打てないことで、KOは諦め、ポイントを稼ぐことに専念したこと。
9ラウンド、人生で初めて効いたパンチをもらったこと。
そんなことを明かしていた。
それにしても、井上尚弥がドネアから奪った11ランドのダウンだ。
どう見たってあれは、10カウントだろ。
ま、勝ったからいいけど。
この試合を改めて冷静に見ると、あの逆境の中で井上尚弥は強いボクシングをし、やっぱり勝っていたと思うのだ。
ほんとに名勝負だった。

Dsc_8869

 

6928th

|

« その色はグリーンだった | トップページ | 見るものが沢山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その色はグリーンだった | トップページ | 見るものが沢山 »