愛車

2018.06.16

タイミングが問題だ

▼休日だが、出勤しているF氏から何度も問い合わせの電話が入る。
土曜日はあまり面倒なことはやらないでもらいたいものだ。

▼空はどんよりしていたが、結局雨は降らなかった。
帰宅するや否や、ここぞとばかり愛車を洗車。
1週間前に雨のため掛けられなかったシートカバーを掛けてやった。
これで冷たい思いをさせないで済む。

▼前回切ってからもうすぐ3ヶ月。髪の毛はすっかり伸びてしまったが、床屋へ行くタイミングに思案する。
ポイントは11月始めに予定されているハワイへの社員旅行だ。
それがどうしたと言うかも知れないが、敢えて言わせてもらうならば、すっきりした頭で行きたいじゃないか。
計算によれば、旅行まで5ヶ月弱。
したがって、今床屋に行き、3ヶ月後にまた床屋へ行くのは最悪のタイミングなのではないかと言うことだ。
このタイミングだと、髪を切ってから2ヶ月半で旅行へ行くことになり、となれば、頭はボーボー状態だろう。
これは困ったことになったぞ、とあれこれ思案したが、オレははたと気付いた。
どうしてオレは、床屋の期間を3ヶ月にこだわっているんだ。
2ヶ月でも2ヶ月半でもいいじゃないか。
これにて万事解決した。


Dsc_6085_4


6417th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.10

3週間ぶりのロビの組立

▼起きたら10時半だった。
実に日曜らしいと言えよう。
外は予報通りの雨。
雨の日にライスシャワー号を走らせるのは久し振りのことではないか。
帰ってきて雨が降っているとボディカバーを掛けられないが、数ヶ月前にボディカバーを買ってからと言うもの、掛けないことがなかったからだ。
ライスには申し訳ないが、今日は久しぶりにボディカバーなしで雨に打たれてもらわねばならない。
たまにはさっぱりしていいだろう。

▼アピタへ行き、最近開店した「いきなりステーキ」を食べた。
ヒレが1g9円。
目の前で切った肉を計りに載せ確認するのである。
いきなりと言う割には、それほど出てくる時間は早くなかった。
ともあれ、これからきっとどんどん増えるんだろうな、この店。

▼ステーキを食べ店を出ると、ちょうどインストアライブが始まるところだった。
席も空いていたので聴くことにした。
シンガーソングライターの晴美さんのライブだった。
千葉テレビで番組をやっているらしいが、ここじゃ映らないしな。
テレビ神奈川は映るので、そこでやっている毎週日曜夜9時の「水曜どうでしょう」を楽しみにしているのです。

▼週刊ロビ、50号と51号が届いた。
実に3週間振りだ。
さっそく組み立て作業に入る。
50号で、Q-boにコードリーダー装置を取り付け、そして完成。
スイッチを入れたらいきなりすっとんきょうな声で喋り出すQ-boなのだった。
51号は、ロビの頭内にこれから様々なパーツを入れる前段階として、いったん頭をばらす作業だ。
外したマフラーにネックフレームなるものを取り付け今号の作業は終了。
頭がバラバラのままだと可哀想なので再び組み立て、一安心したのだった。

Dsc_6078


6411th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.02

現像代が分からない

▼取りあえず、フィルムカメラのオリンパスペンを持って外に出たが、愛車の写真を数枚撮っただけでその先が進まない。
デジカメの様にパシャパシャ撮るわけにはいかないのである。
良く考えたらこのカメラ、ハーフなので36枚撮りのフィルムで72枚も撮れてしまうのだった。
なかなか撮り甲斐のある枚数である。
これじゃいつになったら現像に出せるかわかったもんじゃないな。
そもそも現在、プリント代っていくらぐらいするものなのだろう。
考えてみたら、フィルムスキャナーがなければデータにすることもできないのではないか。
確か昔、写真をCDにしてくれるサービスがあったが、いまもそれはあるのだろうか。
現在のフィルム事情に関しては分からないことだらけなのだった。

▼数ヶ月前に購入した愛車用のボディカバーは今もちゃんと使っている。
このお陰で洗車する回数はグッと減った。
そんな面倒なこと、と思われるかも知れないが、今ではものの3~4分で着脱、装着が出来る様になった。
それもこれも、愛車に長生きしてもらうためである。


Dsc_6064

6403th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

いつもと違う手段

▼去年の今頃はちょうど北海道へ向かう途中の大間でマグロ丼を堪能していたのだった。
今年もこのGW中に帰省するのだが、いつもと違うのは行く手段が愛車ライスシャワー号によるものではないことだ。
姪っ子の結婚式が連休の最終日であることからそうなってしまったのだが、それが少々残念ではある。
それと言うのも、総走行距離が今年中には記念すべき20万キロに達成すると思っていたからで、しかしながらこの分だとそれは無理そうなのである。
ま、たまにはゆっくり休憩させるのも必要かも知れない。
本人がどう思ってるかは分からないけれど。

Dsc_5929

6370th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

季節の終わり

▼この辺の桜も散り始めているが、それはそれでなかなか見応えがある。
桜吹雪の舞い散る中、わけもなくクルマを走らせる。
目の前に広がるこの景色はドライブレコーダーがしっかりと捕らえてくれているはずだ。
良いのが撮れていたらアップしよう。
帰宅するとすぐ、いつもの様に愛車ライスシャワー号へボディカバーを被せる。
愛車を労るためにここ最近の習慣となっている。
部屋に戻って気が付いた。
ドライブレコーダーのメモリーカードを忘れてしまったぞ。
ボディカバーを被せてしまうと、そう簡単にクルマに入ることはできないのだ。
それが難点ではある。
明日だ、明日は持って出よう。
きっと明日も忘れていることだろう。
こうして桜の季節も終わりを告げる。

▼明日のG1大阪杯を真剣に検討する。
G1馬多数の豪華なメンバーとなったが、ここは敢えてこの2頭を推す。
トリオンフとダンビュライト。
この2頭がくればたいてい高配当となる。
まず当たらない。


Dsc_5971


6340th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

愛車を労わる、そしてロビの組立

▼愛車ライスシャワー号(スカイラインHCR32)の定期点検完了である。
今回は6ヶ月点検に加え、マフラーとショックアブソーバーを交換した。
ディーラーでこれまで付いていたショックアブソーバーを見せてもらった。
これが、ガタガタ言っていた原因だったのである。
良くぞ、26年も間頑張ってくれた、と労った。
返事はない。
ともあれ、これでガタガタすることもない。
乗っていても実に足下がしっかりしていると感じる。
マフラーもピカピカである。
数年前に青森でマフラーが脱落したことも、今では良い思い出だ。
これでもうしばらくはその心配もない。

Dsc_5882

Dsc_5875

Dsc_5877

▼そしてこの度、愛車を労るためボディカーバーを買った。
本当はガレージが欲しいのだが、取りあえずはこれで雨風を凌いでやろう。
少々面倒だが致し方あるまい。
これも、愛車ライスシャワー号のためだ。

Dsc_5884


▼週刊ロビは、第34号と35号の組立。
引き続き、左足である。
ひざ関節まで完成。
左足の完成までもう少しだ。
しかし、まだ半分にも至っていない。
両手両足がもすうすぐできると言うのに、これから先、いったい何をやると言うのだろう。
興味は尽きないのである。

Dsc_5886


6285th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.25

ついに交換を決意

▼3日ほど前、奄美の焼鳥屋にいる時に電話の着信があったことを思い出し、ディーラーに電話した。
きっとそうだろうと思ったが、やっぱり点検の件であった。
今回、愛車ライスシャワー号のマフラーの交換を依頼していたのである。
なにしろ、26年間もの間、同じマフラーだ。
数年前に一度、マフラーが落ちたことがあり、それからも騙し騙し使っていたが、ついに騙し通せなくなり、前回の点検で、もうそろそろ限界ですと言われ、ついに交換を決心した次第である。
しかしながら基本的に我が愛車はトラブルなく元気いっぱいです。
そんなわけで1月の奄美出張中にやってもらうことにした。

▼今日はクリスマスだが、そんな気分を味わえるようなところへは行かなかったし、そう言えば、山下達郎のクリスマスイブもめっきり聴かなくなったな。

6244th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.24

キタサンブラック、そしてロビ右足完成

▼東京帰還、まずはマクドナルドへ。
マック的に時期が時期なのでグラコロバーガーにした。
いつの間にか「超」グラコロってことになっていたが、どの辺が超なのかよく分からなかった。

▼愛車ライスシャワー号を洗車。
しばらくほっといたせいで埃まるけになっていたのである。
因みに「まるけ」とは名古屋弁で「だらけ」と言う意味である。
洗車場での洗車は久し振りだ。
それほど汚れていたと言うことで、居ても立ってもいられなかったのである。
綺麗になった愛車を見て、オレ自身の気分も実に気持ち良くさっぱりした。
明日の予報に傘マークが付いているが、敢えて無視することにする。

▼今年の競馬の総決算、有馬記念だった。
注目はなんと言ってもキタサンブラックだ。
スタートは実に良かったし、たんたんとしたペースは明らかにキタサンブラックのペース。
最後の直線はもうひと延びし、なんの危なげもなく逃げ切って優勝。
感動の一瞬であった。
キタサンブラックはこれで引退。
来年はどの馬が主役になるのか、今から楽しみである。
馬券は、ちょっとだけ儲かった。贅沢は言うまい、それで良しとしよう。

▼週刊ロビの28号と29号を組み立てる。
ようやく、右足が出来上がった。
日記を確認すると、右足を作り始めたのは 10月15日だ。
したがって、2ヶ月以上を費やしたことになる。
これからやっと左足なのだ。
そう考えるとほんとに気の長い作業だ。
一気に作ってしまいたいのは山々だが、焦っちゃダメだ。
じっくりと魂を込めて作り上げるのだ。

Dsc_5704


6243th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.10

格納し満足する

▼車椅子をライスシャワー号に積み込むため、トランク内を整理する。
折り畳むと超小型になるとは言え、狭いライスシャワー号のトランクにはやはり荷が重い。
こないだある程度、整理したつもりだったが、まだまだ出さなくてはならない。
奥のモノは全部出した。
そして、ついに車椅子格納完了。
達成感と満足感でいっぱいだが、これでこのトランクにはほとんど荷物を積むことは不可能となった。
買い物などしたら、荷物はすべて後部座席だ。
けっこう大変そうだが致し方あるまい。
この車椅子をコライスと名付けた。
つくづくこの命名癖には呆れるが致し方あるまい。

▼日曜、三度目の奄美遠征へ行く。
羽田までのバスの予約も、現地レンタカーの予約もした。
あとは明日のうちにエリザベス女王杯の馬券を買っておかなくてはな。


Dsc_5499


6199th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.03

久し振りなロビ

▼久し振りに跨るライスシャワー号。
クルマだけどよ。
まずは洗車。
ここしばらく週末は雨ばかりだったので、洗車もほんとに久し振りである。
いつもの様に駐車場でのペットボトル洗車だ。
フェンダーにちょっとした塗装のひび割れを発見しショックを受ける。
ひどくならないうちに修復しておかなくては。
発進すると今度はクラッチから踏む度にカチカチと言う音がすることに気付いた。
以前もあったのだが、クラッチを替えて改善されたと思っていたのだが。
走っているうちに音はしなくなったけど。

▼ロビの組み立てである。
第20号と21号。
久し振りな感じである。
今回は前回に引き続き右足関係。
足先にサーボを組み込み、さらに足首のサーボにIDを書き込む。
ようやく4分の1が終わった。
先はまだまだ長いが着実に作業は進んでいるのだ。

Dsc_5496


6192th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき