アイテム

2018.12.05

変えるしかないのか

▼昨日に引き続き今日も暖かった。
今晩から冬らしくなるらしいが、あまりにも急じゃないか。
もうちょっとゆったりと冬へと移行して頂きたいものである。

▼スマホ、特にandroidのダメなところは、ある一定期間以上使っていると、その機種に対するシステム、つまりOSの更新がされなくなることである。
しかしながら、アプリの更新はできる。そのため次第にシステムとアプリの乖離が生まれ、その結果予期せぬ不具合が発生し始める。
となれば結局、機種変しなければならないと言う、なんとも納得いかないことになってしまうのである。
それもこれも何とか売ろうと言うメーカーの手口だ。
そんなわけで、5年目の我がスマホも不具合が出始めている。
自力で電池交換したはいいが、充電は終わっているはずなのに数字は少ないままと言う、なんともオカルトチックな症状が時折発生するのである。
それもこれも先ほど話したシステムとアプリの乖離に違いなく、そんな時は Google開発者サービスと GooglePlay をいちいち初期化して対応している始末だ。
ああ、鬱陶しいったらありゃしない。
こうなったら禁断の Root化をするしかないのか。
どう考えても機種変するのが一番手っ取り早いのである。
悔しいけれど。

Dsc_0512

6589th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

日本刀が好きである

▼玄関の電球を調達に行った。
先週買ったのだが、ろくに見もせず買い、付けてみればあまりにも暗かったので再び購入した次第。
今度のは明るい。
やっぱ、電球は600ルーメンはなきゃな。
だれだ、600ラーメンなんて言ってる奴は。
600も食えないのである。

電気屋に来たついでに、プリンターのインクを調達。
ぼちぼち年賀状だからに他ならない。
ところが年賀ハガキはまだ買ってない。

▼パソコンショップへ行き、SSDを物色。
SSDとは、パソコンの記憶装置であり、ハードディスクに比べてよほど読み書き速度が早い、だが、如何せん高価である。
しかし、すっかり安くなっているではないか。
4年前に 1TBを購入した時は48、000円だったのが、20、000円 ほどだ。
しかし、残念ながら目的の2TBは置いていなかった。

▼競馬は久しぶりに的中。
しかし、収支はプラマイゼロだ。
これをくたびれ儲けと言う。
ちょっと待て、くたびれてもいないし、儲けてもいないのではないか。
日本語は正しく使わなくてはならない。
今年のG1も気付けば残り4レース。

▼秋の読書の時間。
「日本刀を嗜む」を読む。
取り立ててそれほど詳しいわけではないが、オレは日本刀が好きである。
いったいどこに魅力を感じるのだろう。
それは刀の持つ普遍性に他ならない。
それは何百年と変わらず人を魅了するその機能美であり、日本刀に対する日本人の気持ちは、オレのその、気に入ったモノは長く使い続けたいと言う気持ちと相通ずるものがあるのかも知れない。
しかしオレは刀は持たない。
それはこう言う理由からである。
「危ない」
指切ったら痛いからな。

Dsc_6796

6586th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.01

痛し痒しである

▼とうとう12月に突入した。
つまり師走である。
正確には旧暦の12月のことらしいが、この際そんなことはどうでもいい。
残り1ヶ月ともなると、急に気分もそわそわするから不思議だ。
いっそ、「そわす」にした方が良いのではないか。
誰も聞いてない。

▼たまに行く中華料理屋で、期間限定「松茸フカヒレそば」を食べた。
味はかなり良いと思う。
だがしかし、いつも空いているのが不思議なのである。

▼スマホの下見に行った。
現在使っているのは「Xperia」であり、これまでのスマホ2台すべて Xperia なのだ。
となれば、次もと言うことになるのだろうが、そろそろ別の機種にも目移りする今日この頃。
例えばファーウェイ。
性能は極めて高い、しかし中国製と言うところが引っ掛かる。
何が引っ掛かるのかは鮮明には分かりかねるが、やっぱり引っ掛かる。
そう言った意味では、ギャラクシーも然り、引っ掛かる。
やはりここは、Google の Pixel3 が筆頭候補と言うことになるだろうか。
だがしかし、これにも問題がある。
SDカードスロットがないのである。
内蔵メモリのみでは少々心許ない。
そう言った意味では、iPhoneX のメモリ 512GB ってのは凄いな。
ところで、最近のスマホは大きくなり過ぎてはいまいか。
オレは基本的にスマホに関してはズボンのポケットに入らないとイヤなのである。
Xperia の最新機種は「XZ3」だが、コンパクトタイプがない。
これまでの機種にはコンパクトタイプがあったが、この機種に関しては出そうもないのだ。
う~ん、残念だ。
結局のところ、どの機種も痛し痒しで、決まらないのだった。


Dsc_6795


6585th


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.22

原点回帰

▼週始めの今日は忙しいと言うことは分かっていたが、F氏は風邪で休んだ。
よりによって今日かよ。
そうは思っても本人にはけっして言えない。
まるで死にそうな声だったからだ。
この分だと明日もどうなるか分からないだろう。
今が季節の変わり目のど真ん中、オレも気を付けねばと思った。

▼ミスチルのニューLP、もといニューアルバムを買った。
前回が、兵庫県へ行っていた頃だから、3年振りと言うことになる。
ステッカーが付いていた。
ジャケットステッカーと言うことだが、そのデザインがまるで何だか分からない。
アルバム名は「重力と呼吸」
そう言われてもやっぱり分からない。
まるで、絵の具を垂らして偶然出来た様な図柄だ。
もしかしたらと、目を寄り目にして見る。
マジカルアイ、つまり3Dかも知れないと思ったからだ。
しかし、オレの推測はまるで勘違いだった。
ちっとも立体にならないのである。
さらに驚いたことに、CDケースが紙ときた。
前回のアルバムはUSBメモリー版があったりして非常に豪華だったが一転、なんだ、この質素な感じは。
きっとこうなのだろう。
アルバムは順番通りに聴きなさい。
つまり、原点回帰である。
だったら次は、LPかも知れない。

Dsc_6539

6545th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.11

スマホを検討する

▼仕事場の廻りを不用意に歩いていたら、蚊に刺されまくった。
うっかり防虫スプレー掛けるの忘れてたよ。
きっとここらの蚊には、そんなもの効かないだろうけどな。

▼我がスマホは先日、自前で電池交換してから調子が良いのだが、それでもすでにOSはアップデートされないし、したがって最新のアプリも使えないと言う、なんとも寂しいことになっている。
となれば、そろそろ機種変を考える時期に来ているのではないかと考え、だったらどの機種が良いかと検討する。
今注目されているのは、Googleスマホだろう。
満を持して発売となるそのスマホの特徴は、カメラ機能にあると言う。
なんでも、AIを搭載していると言う話だが、実際に使ってみないとその良さが分かるわけないじゃないか。
ここはやはり、日本製品を応援する意味でも、これまで使ってきた Xperia にすべきなのかも知れない。
その昔、SONYの製品にはSONYタイマーなるものが付いていると言う噂があった。
何年か使っていると必ず故障するようになっていて、それが買い換えを促す手だと言うのである。
確かに、覚えがないこともないが、今のこの時代、それはないと信じたい。
そんなこと言ってると、スマホがまた調子悪くなりそうだな。

6534th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.27

歌を作る

▼「平尾昌晃の財産って、60億なんだってよ」
F氏が呆れた様に言う。
印税が凄いからね、と言うと、F氏はこんなことを言い出した。
「オレも歌作ろうかな」
どんな? と聞くと、即興でこんな歌を歌い始めたではないか。
「秋が来た 次は冬が 来るだろう」
そっちの歌かよ。
そもそも五七五になってないし。
どうやら、印税は望めそうもない。

▼スマホの電池が来たので、再び交換。
今度のは、裏蓋を密着するシールが付いているので輪ゴムからは開放されそうである。
まだどうなるか分からないから輪ゴムで留めておくけどな。
取りあえず充電はできている。
あとはこの充電が安定しているかどうかだ。


Dsc_0444

6520th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.17

ノスタルジックな小物

▼今日の稀勢の里は強かった。
大関 栃ノ心を相手に実に力強い相撲を取った。
勝ち越しまであと一番。
明日勝てば取りあえず峠は越す、そう言うことである。

▼今の愛車である、ライスシャワー号ことスカイラインHCR32の前は、フェアレディZに乗っていた。
この時このクルマに取り付けていた小物が、ライスシャワー号にも受け継がれ付いている。
それは何か。
ひとつはルームミラーであり、もうひとつはドリンクホルダー、そしてコインホルダーだ。
たったそれだけのモノかよ。
確かに、たかがこれだけのモノだが、オレに取っては十分、ノスタルジックを感じることのできる代物なのである。
なにしろ、すでに30年ものだしな。
それよりも何よりも、我が愛車ライスシャワー号を見て、ノスタルジックを感じてくれる人が居れば、なお幸いと思うのである。

Dsc_6504

Dsc_6494

6510th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.08

もうはや届く

▼メルカリで日曜に購入手続きした「HP200LX」が、昨日来たのだった。
こんなに早く着くとは思わなかったぞ。
売り主の対応に良さに感心する。
すぐにお礼のメッセージを送り、そして評価すると取り引き完了と言うことになる。
良くできたシステムである。

さっそく、スイッチオン。
電池が消耗していたので交換する。
因みに単3電池2本だ。
これだけで2週間はもつ。
こんなパソコンは現在存在しないだろう。

電源の入ったマシンは、なんの問題もなく動いたし、なにより本体は実にしっかりしている。
ほとんど使っていないのではないかと思われるほどだ。
それだけでも満足だ。
ただ、CPUの交換などまったくしておらず、動きが少々もっさりしている。
しかし、そんなことはどうでもいいほど状態がいい。
取りあえずは、予備機が増えて計4台。
これだけあれば一生いけるのではないか。
油断するとまた買っちゃいそうだけど。


Dsc_6188

6470th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.28

フィルムカメラの出来映えを見る

▼まだずいぶん先のことだと思っていたらいつの間にかこの日がやってきた。
コレステロールの再診である。
きっと大丈夫と信じ、採血、そして診察。
固唾を呑んで結果を聞く。
オレの思いとは裏腹にゆるい感じで先生は言う。
「ほとんど変わってないですね~」
前回のLDLは150、今回は152。
ボーダーラインは、139である。
取り立てて何も対策などしていないので当たり前と言えば当たり前なのだが、裏を返せば、悪くもなっていないとも言えよう。
「体調はどうですか?」と先生が聞くので「まったくもって万全です」と答える。
「う~ん、どうしましょうかねえ」
きっと、体調が良くないと答えれば、すぐさま薬の投与を勧めたのだろうが、先生は考えた挙げ句「抑える薬はあるんですけどねえ?」とさりげなく言う。
ついに来たかとオレはきっぱりこう言った。
「薬はイヤなので、もう一度チャンスを下さい」
オレの情熱溢れる提案は認められ、再び10月の再診に向け頑張ることとなった。
力が入ったわりに何を頑張るのか分からないけど。
考えてみれば、思ったほど走ることができなかったんだよな。
トマトジュースはがぶがぶ飲んだけど。
こうなったら、NHKのガッテンに期待するしかあるまい。

▼写真が出来上がった。
フィルムカメラで撮った写真だ。
思ったよりも安く感じる。
現像代は、ネガ500円、現像代1枚39円、CD化500円ほどである。
昔は、もっと安かったのだろうな。
カメラ屋の店員は言う。
「いつもフィルムカメラ使ってるですか?」
「昔使ってたカメラを実家から持って来て数十年振りに使ってみたんですよ、カメラはオリンパスのペンです」
そう答えると、「ペンでしたか。すごく良く撮れてますよ、まだまだ使えます」と店員は笑顔で言った。
なんだか嬉しくなった。
さっそく出来上がった写真を見てみた。
色合いがなんともレトロで、20年くらい前の写真に見えるじゃないか。
これはこれで実に味があって良いものだが、スマホカメラの性能の良さも改めて感じたのだった。
因みに、ハーフカメラのネガはデータ化してもハーフだけに1ファイルに2コマであることを知った。


Fh000013

6459th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.14

早くも峠第2弾

▼調子に乗って峠シリーズ第2弾である。
まずはイオン座間に寄り、例の帯広豚丼でエネルギーを補給し、そして出発。
目指すは、神奈川県は宮ヶ瀬湖。
非常にお手軽なところである。
これまでにも何度か行ったことがあるが、今回は峠ステッカー調達と言う目的があるのだ。
気温36度。
座間から厚木廻りで向かったがこのコースは渋滞がまったくなく快調そのものである。
通常の16号バイパスコース経由で行ったら今日あたりさぞかし混んでいたに違いない。
そんなわけで1時間ちょっとで着いてしまった。
駐車場は意外と空いている。休日は有料で300円だ。

Dsc_6141

Dsc_6146

さっそく峠ステッカーを探す。
それらしき店へ入ったが、なかなかそのそれらしきものが見当たらない。
すると、レジの方から「峠ステッカーください」と言う声が聞こえたではないか。
どうやら、レジで直接注文するらしい。
オレが行くと、レジのお姉ちゃんは、やっぱりか、と言うような顔でオレの注文を笑顔で受けてくれた。
これで無事、目的のステッカーはゲット。
ここでは「宮ヶ瀬」と「土山峠」の2種類のステッカーを手に入れることができるのだ。
両方の峠を超えて来たかは分からないけどな。
全種類買うつもりだったが、残念ながら「宮ヶ瀬」のミニサイズが売り切れていた。
もしかして、密かなブームなんじゃないのか。
そんなことを思いつつ駐車場に戻ると、峠ステッカーをずらりと貼ったワンボックスがあった。
見ると、ここのステッカーを手に入れれば、見事コンプリートじゃないか。
おめでとうと言いたい。
本人はいないけど。
ともあれ、峠ステッカーを自らのエサにした今日のワインディングドライブは無事終了した。

Dsc_6144
Dsc_6145

ディーラーから、6ヶ月点検の連絡が来た。
愛車ライスシャワー号にはまだまだ頑張ってもらわなければならないのである。

Dsc_6149


6445th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき