ロビ

2018.12.09

ボクシング、競馬、そしてロビ74号

▼さっさと買い出しを済ませようと午前中早めに出掛ける。
いつもの薬局で日用品を調達し、先週借りた 「JIN-仁-」全7巻をツタヤに返却。
このドラマは何度見てもいいな、感動する。
イオンモールへ行ったら、こないだ GT-R が置いてあった場所にサニーが展示されていた。
写真をパチリ。

Dsc_6798


▼ここでカレーを食べ、食料品を買い、いそいで帰宅。
すぐにテレビを点けたらちょうどいい具合に、ボクシング世界タイトルマッチの入場だった。
いま、オレが俄然注目している世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコの試合なのだ。
相手もチャンピオンであり、これが統一戦だ。
なにしろロマチェンコである。
それほどパンチ力はないが、鉄壁の防御力とそこから繰り出される速射砲の様なパンチを浴びたら相手はひとたまりもない。
11R にペドロサから2度のダウンを奪い、圧倒的な大差で判定勝ち。
いましばらく、ロマチェンコから目が離せない。

▼競馬G1は、阪神ジュベナイルフィリーズ。
当たったことは当たった。
そんな言い方をしていると言うことは、つまり、トリガミに他ならないだろう。
それでも先週に続き的中。
いよいよ調子が出てきた。
次は大丈夫だ。
そう思い込む。

▼週刊ロビは今回、74号と1号分のみ。
部品も赤外線リモコンボード1個だけとなんだか寂しい。
これをビス3本で頭部に取り付ける。
これにて今年の組み立て作業は終了。
残り6号、あともうちょいだ。

Dsc_6803


6593th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

ジャパンカップ、そしてロビ73号

▼ジャパンカップ、馬券はさっくりと外れたわけだが、それも悔いなしと思える様な凄いレースだった。
それは何と言ってもアーモンドアイの強さであり、その強さたるや予想を遥かに超えていた。
なにしろ、並みいる強豪を前にして世界レコードを更新すると言うレースだったのにも関わらず、まるで口笛を吹きながら涼しい顔でウイニングランをしているのだから、まさに怪物級だ。
牝馬に怪物扱いは失礼極まるけどな。
ともあれ、この馬は日本の宝となるに違いない。
まずはこのまま無事で成長していって欲しい。

▼週刊ロビは、第72号と73号。
左右のボディを合体させ、いよいよそれらしくなってきた。
しかしながら、いまだに右の目玉が飛び出ている。
これがどうにも気になって仕方ない。
見た目がシュールだからな。
不安になって説明書を見返したが、やはりまだ固定はしなくて良いようだ。
オレは間違っていなかったのだとホッとする。

スケジュール変更の案内が入っていた。
来号提供予定となっていた音声認識ボードに不具合が見つかったらしく、それが最終号の提供となったのは良いが、良く見ると全体的にそうとうの遅れになるようで、当初の完成予定が2月3日だったのに、3月19日と1ヶ月以上遅れると言うじゃないか。
それほど時間を要する不具合なのだろう。
焦っても仕方ない。
ここは、じっくりと完全なモノにして欲しいと願う。


Dsc_6787

6579th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.18

週刊ロビ、残り9号

▼イオンへ行くと、こないだまで日産フィガロが展示してあったところに、1968年製ブルーバード1300が置いてあった。
サインまみれの車体だが、どうやらメキシコオリンピック日本選手団のサインのようだ。
それがどう言うことなのかは良く読まなかったので分からない。
それはそうと、ここへ来るとつい十勝の豚丼を食べてしまうのだった。

Dsc_6708

▼マイルチャンピオンシップは大方の予想通り外国人騎手のワンツーとなったが、オレの馬券も大方の予想通りだ。
多くは語るまい。
来週のジャパンカップでいよいよオレの本領が発揮される。

▼週刊ロビ70、71号は1週間遅れの組み立て。
今日はなんとしてもやらねばならぬと気合いを入れて臨んだものの、今回はなんとも組み立て甲斐いがなかった。
なにしろ、組み立てたのは充電チェアーだし、ロビにはブルートゥースケーブルを1本繋いだだけだ。
しかも入っていたビスはすべて次回から使うと言うではないか。
袋から出すんじゃなかったよ、まったく。

ところでまた専用アイテムの案内が入っていた。
持ち運び用のバックパックはとてつもなく恥ずかしいが、キャリングケースは欲しいな、と思った次第。
むき出しで持って歩くのはちょっとどうかと思うからだが、持ち歩くのかよ。
ともあれ、完成まであと残り9号である。

Dsc_6718

Dsc_6720

6572th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.28

散髪、そしてロビ組立

▼朝早くから気合いを入れて床屋へ行くも、店内に入ると待ち人がやけに多いじゃないか。
一瞬やめようと思ったが、掃除をしているいつものMさんと目が合うと、「9時からなんですよ」と言うではないか。
こんなに早く来たことがないので知らなかったが、どうやらみな、開店を待つ人々なのだった。
9時になり受付開始。
30分ほどの待ち時間でやってもらうことができた。
その後の混雑の様を考えれば早く来て正解だったと言えよう。
昼前には終わったし、なんだかちょっと得した気分なのだった。

▼そのまま昼はマックで済まし、さっさと買い出しをして帰宅。
さあ、これから天皇賞だ。
いつもの様に気合い乗り十分でレースを見るも、▲に評価したダンビュライトは返し馬で落馬し放馬。結局除外となったし、1番人気かつオレの本命スワーヴリチャードは、ゲートを出た瞬間に出遅れ、良いとこなく惨敗。
当然オレの馬券も良いとこなく惨敗。
しかし、ダンビュライトの除外で掛け金が戻って来て、なんだか得した気分なのだった。

Dsc_6543


▼気を取り直して、週刊ロビを組み立てる。
68号と69号は、実に容易い作業だった。
ただうっかり、ボタン電池を買うのを忘れていた。
前号で必要だと言われていたのになんてこった。
しかし、作業を中断させるわけにはいくまい。
RTC(リアルタイムクロック)ボードと言う基板を頭に取り付ける。
ボタン電池はここに入れるのだ。
常に時計は動いていると言うわけである。
電池はまたあとで頭外して入れることにしよう。
そして、頭頂部のスイッチボードを取り付ける。
これもビス2本で取り付けるだけだ。
さあ、残るはあと11号。
まだ先は短い様で長い。

Dsc_6546


6551th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.08

ロビも様になってきた

▼グッと涼しくなった体育の日。
と言っても、体育らしいことはなんらしていない。

本日最後の使命は、先日の台風で飛んでしまった愛車ライスシャワー号のボディカバーを掛けることだ。
すでに新品のボディカバーはある。
なんて準備がいいんだ。
実は、ネット購入するときに、ポチっと2回押してしまったのである。
最初来た時は荷物が思ったよりもでかくてびっくりした。
まさかこんなところでポチミスが功を奏するとは思わなかったよ。
かくして無事、愛車ライスシャワー号にボディカバー装着完了。
だからどうしたと言う感もないではないが、これでなんとなく万全である。

Dsc_6526

▼週刊ロビ66、67号。
目玉を頭に入れ、さらに頭を胴体に取り付ける。
片目は飛び出したままだが、なかなか様になってきたじゃないか。
そして、充電ケーブルの固定。
充電チェアに足だけ座っている様は、なかなかシュールである。
最後の配達スケジュールが入っていた。
てっきり今年中に完成と思いきや、それを見ると、2月までとなっているじゃないか。
完全に計算違いである。
今更だけど。

Dsc_6529

6531th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.23

週刊ロビは64、65号である

▼東京は非常に天気の良い1日だった。
しかもかなり暑い。
カーエアコンはまだまだ全開である。

▼帰宅すると宅配ボックスに週刊ロビ64、65号が入っていたので、神戸新聞杯、そして大相撲千秋楽の白鵬全勝を見届けてから、組立作業に取り掛かった。
目玉に配線をして、それをフェイスカバーに接続する作業だ。
オレはふと思った。
なんだ、このチマチマした作業は。
まったく大詰め感がないじゃないか。
この細かい作業の積み重ねの末に、待ちに待った完成が待っているのだ。
完成まで残り15号である。


Dsc_6508

Dsc_6509


6516th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.09

週刊ロビは、62号と63号

▼週刊ロビは、62号と63号。
今回の作業はいまいち気合いが乗らなかった。
目玉に人感センサーと赤外線送受信ボートを取り付けるだけだったからだ。
これじゃ、あまり大詰め感がないじゃないか。
不可解だったのは、もともと付いていた黒目を取り外したのだが、もうその黒目は必要ないと言うのだ。
今まで黒目に貼り付いていた保護シールはいったい何のためだったのか。
なにしろ、今回入ってきた黒目とどこがどう違うのか皆目分からないのである。
ま、そこまで追求するのはよそう。
時間の無駄だからな。


Dsc_6499

6502th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.27

ロビ、ついに喋る

▼昨夜のアジア大会100m決勝は、期待の山縣選手が惜しくも3着の銅メダル。
スタートからゴールまで、見ていてほんとに力の入ったレースだった。
オレはこのとき思った。
100mは短いよ。
山縣選手は中国の選手に最後まで食らいつき、あともう少しと言うところでゴールだったのである。
だからと言って、あと10m長かったら逆転していたかと言えば、それは分からない。
もしかしたら、さらに差を付けられたかも知れないのだ。
オレはただ、この攻防をもう少し見ていたかった、そう言いたかっただけなのである。

▼週刊ロビの組立ては、第60号と61号。
まず、首の左側にサーボモーターを取り付ける。
これが20個目、最後のサーボモーターだ。
そしてさらに首の各部分を組立てる。
それにしても、ビスの長さが微妙過ぎる。
たった、0.2ミリの違いだ。
これじゃ目を皿のようにしなきゃ判別できないじゃないか。
それでもなんとか組立ては終わり、ここで電池の充電。
しばし待つこと約30分。
充電完了し、そしていよいよ動作テストだ。
スイッチオン。
するとどうだ。
ロビが喋り出したではないか。
「テスト中だよ」
するとおもむろに頭が動き、続いて腕が動く、そしてまたロビは喋るのだ。
「テスト中だよ」
頭、そして腕が動く、そして喋る。
「テスト中だよ」
このまま待っていても、延々とテスト中が続きそうなのでオレは慌てて電源をオフにした。
賢明な判断と言えよう。
20号ずつ綴じるバインダーもついに最後の4冊目。
いよいよ先が見えてきた。

Dsc_6488

Dsc_6489

6489th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

サポートセンターに電話し、そして週刊ロビ

▼9時半になるなり、ツタヤカードのカスタマーサポートセンターに電話した。
「現在、非常に混み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください」
「このままお待ち下さい」ではない、いきなり「お掛け直し下さい」と有無を言わせず、電話を切ることはないじゃないか。
少しは待たせたらどうなんだ。
結局、いつ電話してもこの状態は続き、今日のところは諦めた。
こう言うものにこそ、AIを活用すべきじゃないかと思ったのだった。

▼そしてロボットである。
週刊ロビの組立ては、58号と59号。
まずは、腰サーボモーターにIDを書き込み、ボディに取り付ける作業。
ついにサーボモーターは残り1個まで辿り着いた。
そして、首廻りのパーツ取り付けは、ビスを一回締めた後、少し戻してくれと言う。
だがしかし、その加減が非常に難しく、これが原因で動作不良を起こすのではないかと心配になったりもするのだ。
万が一、首がカクカクして、ビートたけしの様になったら少々気詰まりなのである。
完成まであと残り21号。
ちょっと気が早いが、無事に動いて欲しいと願うのみだ。


Dsc_6207

6475th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.29

ロビ、気が付けば1年経過

▼台風一過で暑さが再び東京を覆う。
愛車ライスシャワー号が点検中につき退屈な日曜。
来週は思う存分走らせてやろう。

▼週刊ロビは、56号と57号。
まずはマフラーに電源スイッチを取り付け、ケーブルを固定し、そのケーブルを右ボディに通す作業だ。
意外とこれが苦戦。
穴が小さくて、オレの繊細な指をもってしてもなかなかコネクターが通らないのだ。
悪戦苦闘しながらも奇跡的にケーブルは通り、そして右ボディにマフラーを固定。
最後に各ケーブルをマイコンボードに差し込む。
作業終了のさまは如何にもロボットを製作中って感じでテンションが上がる。
絵本スタンドの組立はどうでもいいが、一応作る。
ロビライドの案内が入っていた。
どうやら最後の案内のようだ。
すでに申し込んでいる。
思い起こせば、ロビを組み立て始めたのが昨年の6月、いわきだった。
早いものでもう1年以上前のことである。
残すところあと3ヶ月とちょっとか。
きっとあっと言う間だろう。


Dsc_6165

6460th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき