ロビ

2017.12.10

ボクシング、競馬、そしてロビの組立

▼iPad を持って出掛けた。
どうしても、WOWOW で見たいボクシングの試合があったのだ。
「ワシル・ロマチェンコvsギジェルモ・リゴンドー」
どちらも超テクニシャンの強豪チャンピオンどうしだ。
中でもロマチェンコはいまオレの中で一押しの選手である。
なにしろスピードが桁違いなのだ。

放送は11時からだが、メインのこの試合はたぶん13時頃からだろう。
待っていてはいつまで経っても出掛けられないので iPad を持って出たのである。
食堂で昼を食べ、その後コメダ珈琲に入り、iPad の電源を入れたらちょうど入場するところだった。まったくもってタイミングがいい。
試合は、開けてみればロマチェンコの一方的な展開だった。
あのリゴンドーがまったくロマチェンコのスピードに付いていけないのだ。
結局、リゴンドーの途中棄権で試合は終わった。
圧倒的に強いロマチェンコが見られて大満足なのだった。

▼上半期G1は早くも9戦目。
それにしても当たらない。
それでも悔しく思わないのは、それほどレースが荒れないからだろう。
高配当のレースを取り逃がすことほど悔しいものはないからな。
残り3戦で必ず取り返す。
意気込みだけは凄い。

▼週刊ロビ第26号と27号。
まだ右足の組み立ては続いている。
下側股関節のサーボモーターにID番号を書き込み、取り付けだ。
そして上側股関節のサーボモーターにID番号を書き込む。
次回はこれを取り付けることになるのだろう。
次第に右足ができつつある。
これが終われば同じ工程で左足をやる。
今回で20個あるサーボモーターのうち半分の10個が取り付けられたらしい。
片方の足だけで5個もあるのだ。
着実に形になっている。

Dsc_5583


6229th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.26

寿司とジャパンカップ、そしてロビ

▼いつもの回転寿司で栄養補給。
正確には回転しない。
iPad らしきタッチパネルでいちいち注文する。
するとプラレールみたいなのに乗ってさっそうと寿司が運ばれて来るのだ。
そこがいいのだ。
楽しいからではない。
衛生的だし、握り立てが来るからである。
少々高いが、7~8皿ほどくらいしか食わないしな。

▼ジャパンカップはキタサンブラックが3着に敗れる波乱。
馬券は3連複を買っていたため的中するにはした。
ただ、トリガミ、取って損であった。
まずは当てることだ。
最低限のノルマは達成したと言えよう。
キタサンブラックは残念だったが、聞けば落鉄していたと言う。
あのままちゃんと走っていれば、きっと勝っていたに違いないと信じる。
有馬記念できっとこの雪辱を果たし、有終の美を飾ってくれるに違いない。
そう言っといて馬券は何を買うか分からないけどな。

▼てっきり週刊ロビの発送が遅れるものと思っていたが、今日ふいに届いた。
24号と25号だ。
となれば、組み立てるしかあるまい。
右ひざのサーボモーターのID番号書き込み、そして右ひざの関節の組み立てだ。
配線をあちこち通すのがけっこうややこしかったが、トラブルなく完了。
次回は股関節。次第に右足の完成が近付いている。

Dsc_5533


▼さあ、明日から奄美大島だ。
ぼちぼち準備に取り掛かるとするか。

6215th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.18

こんな日はロビ、そしてブラタモリ

▼久しぶりに朝マックと言うやつを食べた。
マックグリドルと言う甘いやつだ。
なかなかうまいやつなのである。

▼一日、天気が悪く、これじゃまったくドライブする気にもなれない。
さっさと買い出しを済ませ、帰宅。
こんな時は、ロビの組み立てだ。
今回は、右足膝下の組み立てである。
これが意外と大変だった。
それと言うのも動作不良があったからで、きっとコネクターがしっかり取り付けられていないからだと思い、もう一度ばらして確認したら、やっぱりそうだった。
サーボへのコネクターの取り付けはしっかりカチッと音がするまで確実にしなければならないのだ。
しかし、力を入れすぎては壊れてしまう。
ビスの締め加減と共にその辺が難しいところではある。

Dsc_5522


▼つい見てしまう番組、ブラタモリを観賞。
今日は名古屋だった。
オレに取っては懐かしの地である。
なにしろ19年住んだからな。
危なく、故郷の北海道を超えるところだったよ。
それにしても、住んでいた辺りが、かつて陶器の一大生産地だったとはな。
東山動物園の近くに住んでいた知り合いが、朝はライオンの吠える声で目覚める、と言っていたのを思い出した。

6207th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.03

久し振りなロビ

▼久し振りに跨るライスシャワー号。
クルマだけどよ。
まずは洗車。
ここしばらく週末は雨ばかりだったので、洗車もほんとに久し振りである。
いつもの様に駐車場でのペットボトル洗車だ。
フェンダーにちょっとした塗装のひび割れを発見しショックを受ける。
ひどくならないうちに修復しておかなくては。
発進すると今度はクラッチから踏む度にカチカチと言う音がすることに気付いた。
以前もあったのだが、クラッチを替えて改善されたと思っていたのだが。
走っているうちに音はしなくなったけど。

▼ロビの組み立てである。
第20号と21号。
久し振りな感じである。
今回は前回に引き続き右足関係。
足先にサーボを組み込み、さらに足首のサーボにIDを書き込む。
ようやく4分の1が終わった。
先はまだまだ長いが着実に作業は進んでいるのだ。

Dsc_5496


6192th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

秋華賞、そしてロビ

▼相変わらず天気は悪い。
競馬は、G1秋華賞。
練りに練った買い目は昨晩のうちに検討し、すでに馬券は購入済だ。
直前になり、何かがオレに囁いた。
ルメール外して大丈夫なのか、と。
確かにそうだ。
終わればやっぱりルメールだったと言うことになるのではないか。
そこでオレは急遽、買い足しをしたのだ。
単純な騎手買いで3連単を2点だけ買ったのだ。
するとどうだ。
練りに練った馬券はかすりもせず、最後の最後に買い足した2点のうちの1点が当たったではないか。
ルメール→武豊→デムーロである。
これを見たら簡単に当たりそうじゃないか。
なんとも言えない複雑な心境であったが、当たりには違いない。
素直に喜ぶことにしよう。

▼ロビ第18号と19号がきた。
さっそく、組み立てる。
右腕に続き、左腕が完成。
そしていよいよ足の組立に取り掛かる。
まずは、サーボのセッティングだ。
もう何度もやっている作業なので目をつぶってでもできる。
そんなわけはなかろう。
ともあれ、なんの問題もなく、ここまでは順調そのものだ。
2週間後が待ち遠しいったらありゃしないのである。

Dsc_5383


6173th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.02

浦島太郎である

▼久しぶりの本社出勤と言うことで昨晩はなかなか寝付けなかったが気合いで起床し、高速に乗って六本木本社に向かう。
相変わらず渋滞はあったが、早めに出たので余裕で着いた。
ちょうど今日から下期の始まりでもあり、社長の訓示があった。
社内も1年以上振りともなると席の配置は変わってるし、部署が他の階に移ったりなどしていてけっこう浦島太郎状態である。
昼、久しぶりに麻布十番商店街を歩いた。
いつの間にか出来ている店や閉店してしまった店などやっぱりここも変化している。
魚の定食屋に入ったら、100円値上がりしていた。
福島にいたこないだまで350円の仕出し弁当だったが一気に 1、200円だ。
さすが都会である。

▼昨日の日曜に届いたロビの第16号と17号の組み立てに掛かった。
16号を組み立て終わったところで、アクシデント発生。
次の号に使うというケーブルが見当たらないではないか。
一気にテンションは下がった。
文句を言おうと連絡先を調べるためパソコンを起動している最中にふと足下を見ると、ケーブルはオレの足の下にあった。
まったく驚かせやがって。
一気にテンションが上がったところで、17号の組立を一気にやった。
左腕のサーボのセッティングまで完了。
両腕の完成までもう少しだ。

Dsc_5331

6160th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.17

ロビを立て続けに組む

▼台風の影響で朝から雨。
昼頃出掛けた。
町田街道沿いのいつもの回転寿司で腹ごしらえ。
ここの回転寿司は正確には回転していない。
タブレットでいちいち注文し、レールに乗って運ばれてくるのだ。
ネタが無駄にならないし衛生的にもこの方がいいな。

Dsc_5288


▼寝床のブラウン管テレビをケーズデンキに持って行った。
処分してもらうためである。
以前、モニターを処分してもらったことがあるのだ。
今回も 2、100円でめでたく処分してもらうこととなった。
その足で、今度はヤマダ電機へ行き、液晶テレビを買いに行った。
ケーズデンキでも良かったのだが、ヤマダ電機はゴールド会員になってしまっているのだ。何がお得なのかよく分からないけど。
テレビは小さいのでいいし、見られればそれでいい。
テレビコーナーへ行ったらケーズデンキの方が品揃えは良かったが、その中で一番安いエスケイジャパンと言う謎メーカーのを何も考えずあっさり購入。
24型で 23、000円。ちゃんと映ったので一安心といったところだ。

▼昨日、ロビの第13号を組み立て、しばらくは次の作業はないと思っていたが、思い掛けず14号と15号が届いたのだった。
こうなったらやるしかないだろう。
テレビのセッティングをしたあと、今度はロビの組立を始めた。
左腕にサーボを取り付け、そしてID登録。前腕カバーなど取り付け、これで左前腕部は完成した。
今度こそ次の作業は出張から戻って来てからだ。

Dsc_5290


▼台風が日本列島縦断中である。
明日は台風一過の暑い一日となるらしい。
そんな中、慣れない電車でいわきに戻るのだ。
あともう少しだ。

6145th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.16

つるんで走る

▼千葉のNがクルマを買ったと言う情報を受け、会ってからのお楽しみと言うことで待ち合わせしたのは、茨城県那珂インター近くのコンビニの駐車場であった。
時間通り到着するとすぐに千葉ナンバーのクルマが目に入った。
きっとこれに違いない。
コンビニに入るとNがいた。
聞くとやっぱりあのクルマだった。
そのクルマは、Zである。
ホンダZではない。フェアレディZだ。
昨日聞いたときは、もの凄くぼろいクルマです、と言っていたので、どんな古いクルマかと思ったら、現行Zの初期型だった。
それでも15年近く経っているらしく、このZももうそんなになるのかと驚いた。
見たところボディの塗装もしっかりしているし、エンジンルームも非常に綺麗だ。
きっと、前オーナーは大事に乗っていたに違いない。
少しして、福島のTが大型バイクでやってきた。
最後の贅沢と言うことで、奥さんにねだって買ってもらったバイクだ。
クルマとバイクを前に3人しばし談笑。
これからNがプランしたコースをツーリングするのである。
だがしかし、NのZに付いているカーナビが古すぎて使いものにならないのだと言う。
確かに15年前のカーナビじゃ厳しそうだ。
結局、Nがプランしたコースをオレが先導し走った。
20分ほど走るとビーフラインと言う如何にもツーリングコースといった風の道路に入る。そこを3台で気持ち良く軽快に走り抜けた。
スカイラインとフェアレディZ、そして大型バイクで激走する3人。
いったい何をやってるんだろうな、いいオヤジが。
走り抜けた先のそば屋で昼飯を食べつつ反省会。ここで皆と別れた。
Nはこれから成田山に立ち寄って千葉へ帰ると言う。
Tはそのまま福島へと帰って行った。
オレはと言うと、高速に乗りこのまま東京へと向かった。
愛車ライスシャワー号を自宅に戻すための一時帰還である。
いつまでもいわきに置いておくわけにはいかないからな。
いわきへは電車で戻り、最終日に社有車で東京へ戻ってくるのである。

Dsc_5280


▼自宅に届いていたロビ第13号をさっそく組み立てた。
大方の予想通り今回から左腕の組立である。
右腕で経験済みであるから説明書など見なくてもいけるのではないかと思ったが、何一つ覚えていなかった。
いつもの様に説明書と首ったけで今回の作業は終了。
意外とあっけなかった。
ビス3本だけだったからな。
次回は、出張から帰還してからとなる。

Dsc_5286

6144th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

この地で最後の組立

▼せっかくの休日だが、台風の影響か朝から天気が良くない。
洗濯機を2回まわし、洗濯物を干してから出掛けた。
小雨の降る中、ロビ第12号を受け取りにいつもの本屋へ。
店員がオレの顔を見るなり商品を出してくれた。
ここで受け取れるのもこれが最後だ。
次の号から完全予約制なのである。
仕方ないので、定期購読を申し込んだ。
届くのは東京の自宅なので、この出張が終わるまで組み立てられないのが残念だ。
帰宅し、さっそく作業に取り掛かる。
今回は、これまで組み立ててきた右腕の最終段階、肩部分の部品の取り付けだ。
この分だと次回から左腕なんだろうな。
この地での組立はここまで、なんら問題なく作業は進んでいるのだった。

Dsc_5208


6130th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

こっちをジッと見てる者がいる

▼朝9時「どんっ、どんっ、どんっ」っと花火が鳴った。
たまに聞くこの音が何の知らせかは分からない。

▼ふとベランダから目の前の山を見ると誰かが斜面に座っているではないか。
しかも尻を掻いている。
オレもたまに尻を掻くが、一般的に尻を掻くと言えばサルしかいないのではないか。
そう、まさにそこにいるのはサルだ。
オレの方をジッと見て尻を掻いているのだ。
ここにイノシシがいることは分かっていたが、まさかサルまでいるとはな。
もしかして、夜中ベランダで物音がするのはこいつの仕業なのか。

11時にまた花火がなった。
その瞬間、それが何かのお知らせではないことに気が付いたのだった。

Dsc_5201


▼いつもの本屋へロビ第11号を取りに行った。
今回の作業は、右腕にサーボモーターを取り付け、動作テストを行うことだ。
最初の頃、なかなかはまらなかったケーブルのコネクタも今では難なくはめることができる。
たいした技術力の向上と言えよう。
大袈裟だ。
動作テストもトラブルなく一発で完了したのだった。

Dsc_5204

Dsc_5205


6124th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき