画像つき

2018.10.15

箸に変なモノ

▼新人Yの箸の持ち方は、一目見ておかしいと分かる。
2本の箸の間に中指が入っていないし、そもそも2本の箸が交差しているのだ。
それでもちゃんと掴めているので本人にさして不自由はないようだ。
今日の昼時ふと見ると、弁当を食べるYの箸に妙なものが付いている。
「なんだそれ?」と聞くと、Yははにかんだ顔でこう言った。
「箸の持ち方を矯正する器具です」
鉛筆の持ち方を矯正する器具は見たことがあるが、箸まであるなんてな。
しかし、どう見てもお子様用だろ、それ。
百均で買ったらしいが、どうやら本人は自分の箸の持ち方を気にしていた様だ。
じゃなきゃ、そんな器具を使ってまで直そうとはしないだろう。
しかし、何十年と培ってきた箸の持ち方は、そう簡単に直せるとは思えない。
「指が、つ、つりそうです」
そう言いながら、Yはぎこちない指先で必死に弁当を食べている。
箸の先端に変なモノ付けて。
そんな食事はイヤだ。

667527bb4680895dda09dc418db8e3e7300


6538th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.10

暑くて熱い秋

▼仕事場を囲む樹木は次第に色付き始めている。
ここにいれば、四季の移ろいをつぶさに感じることができるのだろう。
しかし、まだエアコンは冷房である。

▼昼、いつもの様に、弁当屋が持って来る金属製の容器に入った味噌汁をコンロに掛けた。
いつもは取っ手が付いているのに今日はどう言うわけか付いていない。
この時、もっと深く考えれば良かったのだ。
迂闊にも金属むき出しのその取っ手を掴んでしまったのだ。
その瞬間、まるで「ジュッ」と言う音が聞こえたかの様な、そんな熱さが脳天を突き抜けた。
左人差し指がじんじんする。
まもなく水膨れとなった。
久しぶりだよ、火傷なんて。

Dsc_6530

▼こんなのは火傷のうちに入らないのかも知れない。
幼少の頃、大きな火傷を負った。
うっかりストーブを掴んでしまったのだ。
右手小指の皮膚どうしがくっついてしまい、まっすぐに伸びなくなってしまったのである。
何か不自由なことがあったかと言えば、学校の縦笛の穴が届かなかったくらいで、それほど問題なく今まで過ごして来た。
むしろ、チャームポイントと言っても良いのではないか。
誰も気付かないポイントだけど。

Dsc_6534


6533th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.08

ロビも様になってきた

▼グッと涼しくなった体育の日。
と言っても、体育らしいことはなんらしていない。

本日最後の使命は、先日の台風で飛んでしまった愛車ライスシャワー号のボディカバーを掛けることだ。
すでに新品のボディカバーはある。
なんて準備がいいんだ。
実は、ネット購入するときに、ポチっと2回押してしまったのである。
最初来た時は荷物が思ったよりもでかくてびっくりした。
まさかこんなところでポチミスが功を奏するとは思わなかったよ。
かくして無事、愛車ライスシャワー号にボディカバー装着完了。
だからどうしたと言う感もないではないが、これでなんとなく万全である。

Dsc_6526

▼週刊ロビ66、67号。
目玉を頭に入れ、さらに頭を胴体に取り付ける。
片目は飛び出したままだが、なかなか様になってきたじゃないか。
そして、充電ケーブルの固定。
充電チェアに足だけ座っている様は、なかなかシュールである。
最後の配達スケジュールが入っていた。
てっきり今年中に完成と思いきや、それを見ると、2月までとなっているじゃないか。
完全に計算違いである。
今更だけど。

Dsc_6529

6531th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

呆れる強さ

▼今日も30度超えの暑い一日となった。
ここぞとばかり、愛車ライスシャワー号の洗車をする。
台風で飛んできた塩分を洗い流すのだ。
そう考えていた人は数多くいた様で、洗車場は大混雑だ。
洗車ガンで汚れを吹き飛ばす。
ライスシャワー号は実に気持ちが良さそうだ。
表情はあまり分からないけど。

▼真のチャンピオンを決めると言う、WBSS バンタム級トーナメントは、井上尚弥の登場。
世界中のチャンピオン8名が出場するこの大会。
今回が井上尚弥の初戦だ。
いざ蓋を開ければ、井上尚弥の圧倒的強さに呆れる。
ものの1分で相手の顔面にストレートがもろに決まりKO。
まさに怪物と言う名に相応しい勝ち方だった。
今から来年の準決勝が楽しみである。

▼凱旋門賞は、日本から武騎乗のクリンチャーが参戦。
しかし、17着と惨敗。
正直今回はそれほど期待はしていなかった。それでも一発あるかも知れないと言う期待を込めて応援したが、またも世界の壁を思い知らされた感がある。
来年こそは、凱旋門を制覇する様な新しいスター馬が日本に誕生して欲しいと願うのである。

Dsc_6520


6530th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.05

洗いたい

▼気になる台風だが、どうやら関東直撃は免れそうだ。
2週連続はダメージが大きいからな。
なにしろ、先週の台風で愛車ライスシャワー号のボディカバーが飛んでしまったままなのだ。
さぞかし台風が飛ばした数々の汚れでボディはギトギトなことだろう。
こうなったら週末は思う存分洗ってやる。
安心しろ、替わりのボディカバーの準備はできている。
そういや、ウインカーもなんとかしなくちゃな。


Dsc_6515

6528th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.01

台風を思い知る

▼昨晩は窓を叩き付ける風の音がたいそううるさくて、寝付きの良さで売っているさしものオレもなかなか寝られなかった。
朝、外に出ると、昨日の台風がまるで嘘の様に晴れ渡っていた。
それを専門用語的には、台風一過と言う。
知ってると思うけど。
そんなことよりも、我が愛車ライスシャワー号である。
困ったことに、掛けていたボディカバーがなくなっているではないか。
見ると、無惨にも後方に丸まって放置状態となっている。
結わえていたベルトが2本ともちぎれているのだ。
やっぱり凄かったんだな、昨夜の台風。
ところでライスシャワー号自体に異常はないかと、ぐるっと見て廻ったら、ウインカーが外れ掛けている。
カバーが風で引っ張られた時に、この部分に無理な力が加わったのかも知れないが、これだけで済んで良かったと思うことにしよう。

▼いつも大渋滞の朝の高速道路は、静岡方面が通行止めのためか異様に空いていた。
だがしかし、仕事場近くの赤坂見附で倒木があり、迂回する車で渋滞。
木の枝が方々に散らばっている。
ここには赤坂御用地があり、樹木がわんさかと茂っているのだ。

台風一過とあって、気温は30度超え。
10月と言うのに熱中症注意喚起をしてしまう。
そしてまた、性懲りもなく台風25号が向かっている。

Dsc_6516

6524th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.30

台風、競馬、RAIZIN

▼雨が降らないうちにと、午前中に買い出しを済ませ、とんでんで本マグロ丼を食す。
台風が日本列島を縦断すると言うことで、テレビのニュースは一日その情報で持ち切りである。
競馬は阪神は中止となったが中山は開催となり、秋G1初戦のスプリンターズステークスは無事出走。
気合い乗りも十分、自身満々で予想し挑んだが、3連単、1着2着、そして4着。
3着に、切った武豊が入り撃沈と相成る。
さすが武である。
なんとなくそんな気がしたのはいつものことだ。
気を取り直し、夜はテレビで格闘技 RAIZIN 観戦。
会場はさいたまスーパーアリーナだったわけだが、観客は無事帰ることができたのか、いらない心配をしつつワクワクして観る。
ボブサップvs大砂嵐は、どっちもスタミナなさ過ぎ。
見るに堪えない試合だった。
今日のメインは、那須川天心vs堀口恭司。
キックボクシングルールだったが、総合の堀口が意外と善戦し、判定まで持ち込んだ。
那須川としては、不本意だったのではないか。
そんな感じの試合だった。

明日は台風一過、晴天の下で仕事ができそうだ。

Dsc_6511

6523th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.27

歌を作る

▼「平尾昌晃の財産って、60億なんだってよ」
F氏が呆れた様に言う。
印税が凄いからね、と言うと、F氏はこんなことを言い出した。
「オレも歌作ろうかな」
どんな? と聞くと、即興でこんな歌を歌い始めたではないか。
「秋が来た 次は冬が 来るだろう」
そっちの歌かよ。
そもそも五七五になってないし。
どうやら、印税は望めそうもない。

▼スマホの電池が来たので、再び交換。
今度のは、裏蓋を密着するシールが付いているので輪ゴムからは開放されそうである。
まだどうなるか分からないから輪ゴムで留めておくけどな。
取りあえず充電はできている。
あとはこの充電が安定しているかどうかだ。


Dsc_0444

6520th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

不憫なスマホ

▼さっさと買い出しを済まそうと出掛ける。
天気予報では雨となっていたので、降り出さないうちに帰って来ようと思ったのだ。
雨が降っているとクルマにカバーが掛けられなくなるからな。
そう思って出掛けたが、まったく雨は降らず、それどころか昨日以上の暑さだった。

▼それでもいつ天気が急変するか分からないご時世なので、さっさと帰宅。
何か面白い映画はないかと WOWOW オンデマンドを探す。
たまには邦画もいいかな、と「地下鉄(メトロ)に乗って」を見た。
原作は浅田次郎。
タイムトラベルもの的な不思議な映画だった。

▼ふと見ると、スマホの裏蓋が外れている。
先日、電池交換をするためにこじ開けたからだが、この際、防水性能はどうでもいいから、シールだけで蓋を留めるのはやめてくれないか。
そうメーカーに要望するとともに、上下に輪ゴムが掛けられている我がスマホがなんだか不憫なのだった。


Dsc_0439

6517th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.23

週刊ロビは64、65号である

▼東京は非常に天気の良い1日だった。
しかもかなり暑い。
カーエアコンはまだまだ全開である。

▼帰宅すると宅配ボックスに週刊ロビ64、65号が入っていたので、神戸新聞杯、そして大相撲千秋楽の白鵬全勝を見届けてから、組立作業に取り掛かった。
目玉に配線をして、それをフェイスカバーに接続する作業だ。
オレはふと思った。
なんだ、このチマチマした作業は。
まったく大詰め感がないじゃないか。
この細かい作業の積み重ねの末に、待ちに待った完成が待っているのだ。
完成まで残り15号である。


Dsc_6508

Dsc_6509


6516th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき