画像つき

2018.04.22

近くて遠い

▼自宅から最も近いラーメン屋へ行く。
実は初めてである。
目と鼻の先にあると言うのに、なんてことだ。
そんなものかも知れない。
この辺ではけっこう有名な塩ラーメンなのだ。
魚粉スープが癖になりそうな味だった。
これを機にたびたび来ようと思う。

▼今日はこの後、買い出しに巡った。
それにしても暑い。
気温30度を超えているのではないか。
外は完全にTシャツ一枚で十分である。

そんな中、忘れないうちにと薬局へ行き、花粉症の薬を買いに行った。
もうそろそろ時期も落ち着いてきたがまだ油断はできないし、そもそも薬が残り少なくなってきたのだ。
そうとう買いだめをしていたはずだったが、今年の花粉の猛威であっと言う間になくなってしまったのである。
今日はめでたく、薬もマスクもなしで過ごすことができた。
どうやら春は終わりを告げたようだ。

さあ、明日からまた過酷な一週間が始まる。
きっとあっと言う間の長い一週間になることだろう。


Dsc_5991

6362th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

カラスには歓迎されない

▼本格的に夏日となった。
この青い空にドローンを飛ばすと、今日も奴がやって来た。
カラスである。
完全に我がドローンを敵対視しているようだ。
何か仲良くなる方法はないものだろうか。
いっそ、機体を黒に塗ってしまおうか。
色の問題ではないだろう。
それとも逆に寄せ付けない方法を考えるか。
例えば、ミサイルをぶちかますとか、網を発射して捕獲するとかだ。
そんなことできるわけないじゃないか。
にらみ合いは続いたが、取りあえず今日も無事任務は完了した。

Dji_0252


▼仕事が終われば、いつもはここ練馬から自宅のある町田に向かうのだが、今日は会社のある六本木へ向かった。
歓迎会なのである。
迎える人数は3名。
そのうち2名は3年前までこの部署にいたのでいまいち新鮮味がないが、残りの一人はこの度、仙台から初めてこの部署に配属になったのだった。
歳は32歳だが、やけにフレッシュに見える。
これからこの大都会でひとしきりもまれることになるのだが、きっと、この部署での仕事が気に入るに違いない。
オレはそう信じたい。

6360th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.15

皐月賞、村田、そしてロビ

▼夜中の豪雨は凄かったが、昼前外に出るとすっかり天気は回復していた。
幾分、花粉の攻撃も緩くなった様な気がする。

▼先週の桜花賞に比べ大荒れだったのは今日の皐月賞だ。
ところが、堅くても荒れてもオレの馬券は当たらない。
呆れて口が塞がらないよ、まったく。
しかし、ここで予想のスタンスを変えるわけにはいかない。
変えた途端にそれまでのスタンスが来ると言うことは何度も経験しているからだ。

▼WBA世界ミドル級タイトルマッチは、村田諒太の初防衛戦だった。
試合のたびに強くなっていることは見ていて明らかに分かる。
なにしろ、村田のパンチは凄く硬くて痛そうなパンチなのだ。
相手はその威力にびびっている様にも見える。
そして、試合は村田の8ラウンドKO勝ち。
勝つべくして勝ったと言うような試合だった。
まずもって、スカッとする良い試合を見せてくれた。
村田諒太、ありがっさまりょうた。
さりげなく、奄美大島の方言を使って見ました。

▼週刊ロビである。
今回はいつもよりも梱包がでかかった。
開けてみると「ロビ耳ヘッドホン」が入っていた。
ロビの耳の形をしたヘッドホンである。
そのままだけど。
それにしても、こんなヘッドホンをして外に出るのはどうにもこうにも照れるじゃないか。

Dsc_5988

そんなことより組み立てである。
44号は、右ボディへの右腕の取り付けに続き、左ボディへの左腕の取り付けである。
動作テストも無事完了し、引き続き45号に取り掛かる。
この号から、相棒ロボットである「Q-bO」の組み立てが始まった。
これまでの部品を並べて見る。
ずいぶん出来上がってきた様な気がするのだった。

Dsc_5987


6355th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

悪玉はどうなった

▼LDL悪玉コレステロールの検査なのだった。
まず採血し、1時間半後の診察まで病院内にあるTULLY'Sで待つ。
少し早めに持ち合いへ行ったらいきなり呼ばれた。
神妙に検査結果を聞く。
先生は言った。
「下がってますね」
その値は、150だった。
正常値の139にはまだ到達していないものの、1月の健康診断で叩き出した183と言う記録に比べればずいぶん健闘したと言えるのではないか。
そんなわけで結果「もう少し様子を見ましょう」と言うことになった。
つまり3ヶ月後にもう一度検査と言うことだ。
このペースでいけばなんとかなると思うが、けっして油断はできない。
なにしろ相手は悪玉なのだ。
そう言うわけで引き続きLDLとの戦いは続くのだった。
病院を出るとちょうど昼時。
ここぞとばかりラーメンを食べたのは言うまでもない。


Dsc_0283

6354th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.13

この際正解はどうでもいい

▼事務所の外にある自販機には「ナタデココ」ドリンクがあって、これがなかなか人気になっている。
F氏が休憩時間にチョウ君に小銭を渡してこう言った。
「これでみんなの分の、ナタコデ買って来いよ」
それを聞いたチョウ君は、ちんぷんかんぷんな顔をしている。
そしてこう聞き返したのだ。
「ナガテタコってなんですか?」
どうやらチョウ君はナタデココを知らないらしい。
F氏は呆れた顔でこう言い返したのだ。
「違う、ナコデコだよ」
「ナコデタコですか」
言う度に変化し、延々と正解の出そうのない会話が続いたが、奇跡的にチョウ君はナタデココドリンクを買ってきた。
F氏は満足した顔でナタデココドリンクを飲みながら、オレにこんなことを聞いてきたのだ。
「この中に入ってる四角いのはいったいなんなんだろ?」
この時、F氏がナタデココと言えない理由が判明したのです。


Dsc_5984

6353th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

新年度、そして週刊ロビ

▼今日から新年度が始まった。
と言ってもオレの生活は何ら変わることはない。
引き続きの業務が待っているだけだ。

▼起きたら9時を過ぎていた。
これでもかと言うほど寝てしまったようだ。
昨晩は、遅くまでドバイワールドカップを見ていたからな。
日本馬は残念だったけど。
WOWOW でしょうもない映画を1本観た後、星乃珈琲で遅いランチを食べ、買い出しに廻る。
最後の花見を楽しむ人たちで今日も道路は混雑している。
そんな光景を見ながら何となく一抹の寂しさを感じるのだった。

▼2週間に一度の週刊ロビである。
両腕両脚が完成し、次のステップはボディへの腕の取り付けだ。
第42号は、右ボディに右腕を取り付ける作業。
そして43号は、左側の準備として、左肩サーボモーターのID番号書込みである。
今回もトラブルなく無事完了。
まったくもって順調なのだった。

Dsc_5980


6341th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

季節の終わり

▼この辺の桜も散り始めているが、それはそれでなかなか見応えがある。
桜吹雪の舞い散る中、わけもなくクルマを走らせる。
目の前に広がるこの景色はドライブレコーダーがしっかりと捕らえてくれているはずだ。
良いのが撮れていたらアップしよう。
帰宅するとすぐ、いつもの様に愛車ライスシャワー号へボディカバーを被せる。
愛車を労るためにここ最近の習慣となっている。
部屋に戻って気が付いた。
ドライブレコーダーのメモリーカードを忘れてしまったぞ。
ボディカバーを被せてしまうと、そう簡単にクルマに入ることはできないのだ。
それが難点ではある。
明日だ、明日は持って出よう。
きっと明日も忘れていることだろう。
こうして桜の季節も終わりを告げる。

▼明日のG1大阪杯を真剣に検討する。
G1馬多数の豪華なメンバーとなったが、ここは敢えてこの2頭を推す。
トリオンフとダンビュライト。
この2頭がくればたいてい高配当となる。
まず当たらない。


Dsc_5971


6340th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.28

聞かれてしまう

▼まるで初夏を思わせる様な暖かさだった。
仕事場がある練馬区の桜はすでに散り始めている。

▼ここ数年、特茶を愛飲している。
出た頃から毎日の様に飲んでいるので、相当量飲んでいると言えよう。
いつもの様にコンビニに寄り特茶をレジに持って行くと、店員がいきなりこんなことを言い出した。
「特茶ってにがいですか?」
「いや、そんなことはない。確かに開けてしばらくすれば苦くなるけど、すっきりしていて飲みやすいよ」と答えたら「実際に飲んでいる人の意見を聞くのが一番と思いまして、そしたら僕も試してみようかな」と言うものの、ちょっとまて。
オレがいつも特茶を買うものだから目を付けたのかも知れないが、よく考えたら、店員が客に商品のことを聞くことはないじゃないか。
しかも見るからに店長である。
そうやって、客に優越感を与える常套手段なのか。
そんな器用なオヤジには見えなかったけど。
ともあれ、オレのアドバイスが役に立ってくれれば本望と思うことにした。


Dsc_5969

6337th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

一息付いたら

▼朝から文句の付けようがないほど天気は良いし暖かい。
しかし、それに水を差すほどの渋滞。
高速はいつものことだから仕方ないとしても環八の渋滞のひどさにはまいった。
ラジオの情報によれば、人身事故による渋滞とのことだったので、思い切って大きく環七へと迂回するコースを取った。
それでもやっぱり時間通りに練馬区の仕事場には着かず、業者のみなはしびれを切らして待っていた。
しかも、今日はチョウ君が休みと言うタイミングの悪さ。
そんなだから朝からバタバタと忙しく、午後からは客先との打ち合わせもあって、あっと言う間の一日であった。
夕方、やっと一息付いて、ふと外を見ると桜が満開。
上弦を少し過ぎた月をバックになかなか良い写真が撮れたと、ひとりごちたのだった。


Dsc_5966

6335th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.25

果たして満開は

▼開店するなり、ぎょうざの王将で腹を満たしたあと、桜を見ようとクルマで向かったのは、環状4号である。
オレはこの時期ここを「環状4号桜並木」と言っており、16号を突っ切って十日市場を過ぎた辺りまで延々と桜並木が続いているのである。
しかし、見たところ残念ながら満開にはほど遠いようだ。
近所の桜もまだ満開ではないし、このタイミングでいくと満開は明後日頃か。
となると、来週末、果たして桜は保っているのだろうか。
そんな心配してる場合じゃないだろうけど。

▼いよいよ今週から競馬のG1は本格的に始まった。
今日は高松宮記念。
ここは手堅くゲットしたいところだ。
馬券あるあるとしてオレ自身良くあるのは、散々考えた挙げ句、点数を絞るために最後に切った買い目が来ると言うことだ。
オレは今回、自信満々に1番人気の馬はまず馬券内に来るだろうと言うことで、この馬の入っていない馬券は切った。
するとどうだろう。
驚いたことに、直前に切った馬券が来たではないか。
つまり、1番人気はまったく来なかったのだ。
ここまで、合致すると感心するしかないじゃないか。
感心してる場合じゃないけど。
早いうちに、この馬券あるあるから脱しなければと思う次第である。


Dsc_5965

6334th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たわごと | アイテム | ロビ | 愛車 | 格闘技 | 画像つき