格闘技

2019.03.24

大波乱と順当を思い知る

▼昨日に比べ暖かい日曜となった。
近所の桜並木は1分咲きと言うところか。
明日からますます暖かくなると言うし、桜も一気に満開となりそうだ。

▼高松宮記念は、大荒れも甚だしかった。
1着に3番人気はまだいいが、2着に12番人気、3着に17番人気はないじゃないか。
3連単449万、3連複でも87万と言う、まったく呆れた結果となったのだった。
一度、こんな馬券を獲ってみたいものだ、と呆然と遠い目で配当を見るのである。
しかし、なんで気付かなかったかなあ、イチローの日米通算4367安打。
この4点ボックスで449万ゲットだったじゃないか。
終わって気付くのが競馬である。

▼大相撲春場所千秋楽。
逸ノ城が勝って1敗を守ったものの、白鵬も勝ち、全勝優勝を決めた。
しかしながら白鵬は取組の際、右上腕部を痛めたらしく、表情はそうとう痛そうだった。
それでも鶴竜相手に豪快な投げで勝つのだから、たいしたものである。
そして、大関獲りを掛けた貴景勝はと言えば、見事に栃ノ心を退け10勝目。
ほぼ大関を手中に収めた。
いっぽうの栃ノ心は負け越し。角番であったことから来場所大関陥落が決まった。
勝負の世界の厳しさを垣間見た感じである。

白鵬の優勝が決まった瞬間、いつもは鳴るはずのニュース速報が鳴らなかった。
やっと気付いたのか、今まさに見ている番組でニュース速報を流す意味のなさが。
それにしても白鵬は痛そうだ。
表彰式のトロフィーも受け取れないほどである。
筋肉断裂の可能性もあるのではないか。
大事に至らないことを祈るばかりだ。
やはり白鵬のいない場所は張りが無くてつまらないのである。
Dsc_7137

6698th

| | コメント (0)

2019.03.21

注目の一番の注目を間違える

▼暖かい一日だったが、風が非常に強い。
これが春一番と言う奴か。
そんな中、お気に入りの豚丼を食べに行った。
この辺だとここのが一番うまい。
他に食べられるところ知らないけど。
東京はついに桜が開花したらしい。
Dsc_7133
▼大相撲春場所は絶賛開催中。
休日の今日は、早くからテレビを点けた。
注目の一番、貴景勝は豪栄道に負け、残念な4敗目。
大関獲りには残り3日で2勝は必要だろう。
苦しくなった。
大関の道は甘くない。
いっぽう、だたひとり全勝の白鵬は今日も危なげなく栃ノ心を寄り切り、また一歩優勝へ近付いた。
9割方優勝は間違いないだろう。
それにしても気になったのは、結びの一番、鶴竜と高安戦。
時間いっぱい、まさにこれから立ち会おうと言うその時、画面の向こうに目を疑う光景が飛び込んで来た。
何を思ったが、観客のおじさんがいきなり後ろ向きで立ち上がったのだ。
こんな異様な光景はないのではないか。
なにしろ、そのおじさんはこの一番を見る気がないと言うことだからだ。
しかもこともあろうに、そのおじさん、今度はノロノロと歩き始めたではないか。
画面の右から左へとゆっくり移動するおじさん。
そこにいた人達はさぞかし迷惑と思ったに違いない。
そりゃそうだろう。これから注目の結びの一番だと言うのに、目の前をウロウロされるのだ。
そんなことはお構いなしに、まったく歩みを止めようとしないおじさん。
しかも、やけにゆっくりだ。
なんとなく、フラフラしている様にも思える。
この時オレは確信した。
このおじさんはすでにグテングテンだ。
気が付けば、結びの一番は終わってたじゃないか。
鶴竜の負けの一番よりも、迂闊にも、おじさんに俄然注目してしまったのだった。
10
11
20
30
40
50
6695th

| | コメント (0)

2019.03.10

親父のクルマ選び最終章

▼びっくりドンキーでコロコロステーキを食べていたら、実家の親父から電話が来た。
クルマ購入の件である。
先日、親父の条件で言えば、スズキのアルトしか選択肢はないぞ、と言っておいたのだが、性懲りもなくまたマツダのセールスマンがお勧めのクルマだと言ってやって来たのだと言う。
そのクルマを聞くと、キャロルだと言った。
マニュアルシフトだし、4WDであり、2005年式だが走行距離は、44、000キロとそれほど走っていない。
車検も来年の5月まで残っていると言う。
なにしろ、キャロルである。
そんなクルマがあったのかと調べてみたら、どうやらそのクルマ、スズキの OEMモデルであり、実のところ中身はアルトなのだった。
どうりでマニュアルミッションの設定があるわけだ。
聞けば、先方は今日の16時までに返事が欲しいと言ってるらしい。
まったく焦らせやがって
そんなわけで、マツダの熱心さに免じて買うことにしたのだった。
親父の喜ぶ顔が頭に浮かぶのである。

▼今日から大相撲春場所である。
また楽しみな2週間が始まったわけである。
注目は、貴景勝の大関取りの行方。
初日から横綱 鶴竜が敗れる波乱。
今場所もなかなか面白くなりそうな予感である。

Photo


6684th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.27

色々と見て明日からの仕事に備える

▼駐車したクルマ越しのずっと向こうに富士山が見える。
それくらい天気がいいし、空気が澄んでいると言うことだろう。
このショッピングセンターの中華屋でカキラーメンを食べる。
この時期、ここで必ず食べるラーメンだ。
ここの中華屋は他の店に比べてなぜかいつも空いている。しかしその割になかなか旨いのである。

食料品の買い出しを済ませ、今日は大人しくさくっと帰った。
愛車ライスシャワー号を軽く洗い、いつもの様にカバーを被せ、1週間ゆっくり眠ってもらう。

▼大阪女子マラソンを見てから、競馬は重賞を2つやって2つ的中も、マイナス1000円と言う不完全燃焼的トリガミと言う結果。
それでも当たったという満足感はどこから来るのか。

▼大相撲初場所は今日が千秋楽。
優勝争いは2敗の玉鷲と3敗の貴景勝に絞られていたが、玉鷲があっさりと遠藤に勝って優勝を決めた。
一方の貴景勝はその気落ちもあってか、今場所最悪と言っても良いほど、豪栄道の一方的な押し出しに敗れ、今場所後の大関昇進はあっさり消滅。
まさに痛恨の一敗となった。
技能賞もらっといてこんなに悔しそうなのも珍しいな。
今場所は、稀勢の里の引退から始まり、全横綱の休場と、いろんなことがあった場所だったが、初優勝の玉鷲を素直に褒め称えたい。

▼さあ、夜9時からの「水曜どうでしょう」でも見ながら明日からの仕事に備えるとしようか。


Dsc_7021

Dsc_7023


6642th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.25

水曜どうでしょうで和んでいる

▼このところ、夜9時からはもっぱら「水曜どうでしょう」で和んでいる。
今更な感じもするが、1週間に5日間も放送しているんだから仕方ないじゃないか。
tvkでは火曜から金曜だし、東京MXでは日曜日にやっているのだ。
これじゃ、「水曜どうでしょう」どころか、「連日どうでしょう」だ。
放送内容は順不同であり、あっち行ったりこっち行ったりしている。
したがって、こないだまでtvkで見ていたシリーズが、東京MXですぐまた始まったりする。
それでも、もう一度見てしまうから呆れる。
いまtvkでやっているのは、四国八十八ヶ所完全巡拝2。
2と言うからには1もあるのは当然だが、その1はその2の1年前のはずなのに、昨日まで見ていたりする。
この様に、まったくもって順不同なのである。
それがまた飽きなくて良いのかも知れないし、通常1ヶ月掛かる放送がたった1週間で見られるのがなんともお得な感じがするのである。

▼大相撲初場所は白鵬が3連敗と言う予想外の展開となり、非常に面白いことになっている。
玉鷲が2敗と首位を走っているし、今日白鵬に勝った貴景勝も3敗とまだ十分優勝のチャンスはある。
この3力士の優勝争いだが、優劣はまったくなく横一線と言えるのではないか。
オレは敢えて言う。
あと2日、最も勝った力士が優勝することだろう。
当たり前だけど。


Index

6640th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.21

蘇るパソコン

▼仕事用パソコンは修理から戻って来たが、システムを再インストールし、まっさらな状態であるため、再び仕事で使える様にせっせとセッティング作業をする。
そして、仕事用パソコンは蘇った。
おまけにハードディスクがSSDに換装されたし、Windowsは7から10になったので、まるで生き返ったかの様に軽快でサクサクである。
そもそもの原因だった画面の点いたり消えたりもまったくなし。
実に快適じゃないか。
これでまた思う存分戦えると言うものだ。
パソコンはオレに取っては武器である。

▼大相撲初場所は、今日も白鵬が勝ってただ一人全勝、そして独走。
いっぽう、高安も豪栄道も負けて大関の不甲斐なさが目立つ。
これじゃ銀星の価値がまったくなし。
注目の平幕力士も次々と負け、すでに1敗は千代の国だけ。
これも明日あたり負けるだろう。
期待はやはり先場所優勝の貴景勝なのか。
ここはひとつ、久々の北海道出身期待の大型力士、矢後に淡い期待を寄せたい。
体の大きさもそうだが、特筆すべきはなんと言ってもその顔だ。
まるで現代人とは思えないその容貌は、顔と言うよりも顔面と言った方が適切なのではないか。
どうでもいいけど。
残念ながら、今日は情けない負け方をしてしまった。
ともあれ、是非とも横綱目指して頑張ってもらいたいものである。

▼サッカーアジアカップ、日本は決勝トーナメント初戦。
サウジアラビア相手にまったく良いところがなかったが、1対0で勝利。
取りあえずは良しとしよう。


Dsc_7010

6636th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.20

新選組の地へ

▼たまに食べたくなる天下一品のラーメンを食べに行く。
これ以上のこってりラーメンはないのである。
ここから一番近い天下一品だが、それでもそこそこ遠い。
せっかくここまで足を延ばしたのでそのまま帰るのはもったいないと考え、ここからそれほど掛からないだろうと言うことで、日野市の「新選組のふるさと歴史館」へと行ったのだった。
今回が2回目の訪問だ。
日野市は新選組鬼の副長 土方歳三の出身地であり、新選組の主要メンバーとなる近藤勇、沖田総司、斎藤一らが稽古に汗した天然理心流の道場があったところでもある。
今年は、土方歳三の没後150周年と言うことらしい。
毎年5月にここで「ひの新選組まつり」が開催されているらしいが、今年はいっそう盛り上がることだろう。
戦死した函館の地でも何かやってるのかも知れないな。
さくっと展示資料を見学、最後に土方歳三の一生を15分でまとめた映像を見て、ここを後にした。
またいつかこんな風にふらっと来ることだろう。
新選組が好きだからな、オレは。

▼帰ってきたらやること満載。
まず、ボクシングはパッキャオのタイトルマッチ。
相手のブロナーも3階級制覇と侮れない相手だったが、判定の末、3対0で勝利。
防衛に成功した。
再びあのメイウェザーと対戦するのではないかと噂されるが、今日のパッキャオを見る限り、当然の様に力は落ちているし、メイウェザーにおいてはすでに引退している選手である。
もしやったとしても、結果はそれほど面白くなりそうもない。

競馬は、アメリカJCC。
馬券は当たったものの、トリガミと言う結果だ。

そして、大相撲。
白鵬ただ一人の全勝。
あたかもすでに独走態勢に入っている様だ。

Dsc_6999

6635th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.09

ボクシング、競馬、そしてロビ74号

▼さっさと買い出しを済ませようと午前中早めに出掛ける。
いつもの薬局で日用品を調達し、先週借りた 「JIN-仁-」全7巻をツタヤに返却。
このドラマは何度見てもいいな、感動する。
イオンモールへ行ったら、こないだ GT-R が置いてあった場所にサニーが展示されていた。
写真をパチリ。

Dsc_6798


▼ここでカレーを食べ、食料品を買い、いそいで帰宅。
すぐにテレビを点けたらちょうどいい具合に、ボクシング世界タイトルマッチの入場だった。
いま、オレが俄然注目している世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコの試合なのだ。
相手もチャンピオンであり、これが統一戦だ。
なにしろロマチェンコである。
それほどパンチ力はないが、鉄壁の防御力とそこから繰り出される速射砲の様なパンチを浴びたら相手はひとたまりもない。
11R にペドロサから2度のダウンを奪い、圧倒的な大差で判定勝ち。
いましばらく、ロマチェンコから目が離せない。

▼競馬G1は、阪神ジュベナイルフィリーズ。
当たったことは当たった。
そんな言い方をしていると言うことは、つまり、トリガミに他ならないだろう。
それでも先週に続き的中。
いよいよ調子が出てきた。
次は大丈夫だ。
そう思い込む。

▼週刊ロビは今回、74号と1号分のみ。
部品も赤外線リモコンボード1個だけとなんだか寂しい。
これをビス3本で頭部に取り付ける。
これにて今年の組み立て作業は終了。
残り6号、あともうちょいだ。

Dsc_6803


6593th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.12

再開である

▼今日から仕事再開。
留守中、事件もなく無事に動いていた様だ。
たまった仕事をやっつける。
長崎から同じ部署のKが帰って来た。
帰ってくるなり明日からハワイである。
第2陣の出発なのである。
そして明日からKの仕事の面倒も見なければならない。
なかなかハードな今週になりそうである。

▼大相撲九州場所が昨日から始まっている。
今場所、一人横綱となっている稀勢の里であるが、今日も負けて2連敗。
見ていてまったく勝てそうな気がしないのだ。
その原因は、腰が高いことにある。
そのためなんなく懐に入られていまい、もろ差しを許す。
あれじゃ勝てるわけはないだろう。
もしかしたらすでに往年の足腰の強さはないのかも知れない。
なにしろ明日もし負けるようなことがあれば、横綱不在と言うなんともいたたまれない事態となるかも知れない。
何とか踏ん張って欲しいものだ。

6566th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.04

復活に喜ぶ

▼時折雨のはっきりしない日曜。
義理の妹一家が帰省していたので一緒に食事。
小学生の義理の姪っ子は会う度顕著に大きくなっている様な気がする。
今年三度目だけど。
子どもってのはそう言うものなのだ。
たまプラーザで買い物をして帰ってきた。

▼総合格闘技UFCが WOWOW に復活。
2年半振りである。
WOWOW から突然なくなった時はほんとに寂しい思いをしたものだが、いつか復活するものと信じていた。
またなくなるかも知れないけど。
久し振りのUFCはやっぱり面白くアドレナリンを分泌するには最高の素材だと再認識した次第である。
それがどう身体に良いのかはオレには皆目分からない。
意外と悪かったりして。


6558th

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧